MOCA3周年を機に、少しだけ考えをまとめておきたいと思いました。
開店当初から10年をめどにしよう!と決めてお店を始めました。
自分の年齢を考えての事です。その気持ちは今でも変わりません。
すでにもう1/3が終わり、時の流れの早さに驚いています。

当初、のんびりCaféをやりながら、たまに里親さんが決まればいいな~♪
なんて、お気楽に考えていました。
しかし、オープン早々から里親になって下さる方が次々に来て下さり、
猫の預かりの依頼も次々に舞い込んできました。
予想していなかった展開に、オタオタしながら、はじめて経験する事の連続。

私の知識や経験不足からたくさんの失敗をしました。

人にも、猫にも迷惑をかけて、取り返せる事と取り返しのつかない事。
深く記憶に刻まれるのは辛い事ばかりです。
病気、ケガ、脱走、別れ、預かるという責任の重さ。

里親さんのところに行ってからも生死をさまよう病気や別れ、
慣れていない子の脱走など何度か有りました。
今でも猫の夢で飛び起きる事もあります。

もっと楽な生き方もあったのかもしれない。
しかし、人生の後半に、今まで知らなかった動物保護の一端に触れ、
たくさんの心優しい人達との出会いと、カワイイ猫達との涙と笑いのドタバタ生活。
優雅とは程遠いけれど、これって案外楽しいのです♪
2009_0630_224442-F1000090.jpg


これからも
出来る事から…、いえ、出来る事だけ…
小さなシェルターとしての猫Café
殺処分ゼロを目指してTNRと地域ねこ
高齢者の多頭崩壊を食い止めるために啓発を


こんな私にお付き合いして下さる皆様に感謝しています。
どうぞ今後ともよろしくお願い致します(*^_^*)



関連記事