FC2ブログ
記事とは関係ありませんがクロちゃんの秘蔵画像とともに読み進んで下さいませ。


第2位  間取りが悪い!!


店舗兼住宅の辛いところですね~(>_<)

お店の猫ルーム(12畳)には常時15匹前後の猫がいます。
猫達のストレス軽減の為に
お店を閉めている時は自宅スペースまで自由に行き来出来るようにしています。

F1000244_20111021221240.jpg


最初に改装工事をする時にもさんざん考えたのですが、
すでに保護されていてケア出来ている子を預かるつもりでいましたので
Cafeのゲージで充分と思っていた為に隔離部屋については思い及ばず(>_<)でした。

F1000319_20111021221240.jpg


しかし、うちの地域には猫が多くやはり保護活動も柱の一つになっています。
保護すると、どうしても隔離部屋とゲージ、トイレなどが余分に必要になって来ます。
そしてそれを置く場所も。

今回のように母猫の避妊手術をしようと思えば同時に仔猫も保護し
一気に仔猫5、6匹を保護する事になる訳ですが、
Cafeに出せるようになるまで最低2週間~4週間は他の部屋で隔離しなければいけません。

IMG_9193.jpg


同時期に別々に保護した場合は、それぞれゲージに入れて接触しないように気をつけます。
これはパルボや疥癬、真菌などの感染症を防ぐ事が第一目的です。
保護直後はワクチンを打っていないので、子猫の場合は特に神経を使いますね


成猫の場合はエイズや白血病の方が心配です。
うちでは保護して1カ月後にウイルス検査をします。
直前のケンカや交尾により感染している場合、
潜伏期間も考慮して、念には念を入れてという事です。
猫達の為と私の安心の為。

IMG_8440.jpg


保護直後に検査をされる方が多いのですが、
それで陰性だったとしても、うちに預ける場合は必ずもう1度検査を受けて頂くようにしています。


この隔離の為に現在2階の1室を空けて使っていますが、2階には水道設備が無いため、
バケツを抱えて階段を上り降り。
この部屋の消毒には特に気を使っているので、トイレやゲージなどもマメに洗いたいのですが、
持って降りるのも、上がるのも一苦労です。

IMG_6443.jpg


日常の除菌にはバイオチャレンジを、どこでもかしこでもシューシューッして使ってます。
これは猫の身体を拭いたり、耳掃除などにも使えるので安心です。
毛布、タオルなどはハイターで洗います。
段ボールハウスは捨てればいいので便利ですが、
大きなゲージや床はいつもビルコンSで拭きあげています。

以前の講習では感染症が発生したら徹底的にやらないといけないけど、
日常はそんなに神経質にならなくてもいいと言われてましたが…
見えない病原菌はどこにくっついているか解らないので、やっぱり心配なので、
こまめな除菌を心がけています。
ちょっと余談になりました。

F1000264_20111021221240.jpg



本題に戻ります(笑)
そして猫の備品類を置いている1階の倉庫から一番遠いのがこの部屋です。
遠いと言ってもたかがしれているんですが、やっぱり無駄な動きが多くなってしまいます。

お店の猫ルームに隣接した所に隔離部屋があればどんなに便利だろうか??と…
再改造を夢見て夜な夜なうなされる日々(笑)です。

IMG_7952.jpg



脱走防止となめらかな動線を考えて、来年には1部改造予定です。

関連記事