地域ねこ活動とは、飼い主がいない(ノラ猫)をこれ以上増やさないための活動です。

≪地域猫活動のルール≫
飼主のいない猫を適正に管理するために、行政と協力し合って地域住民と問題解決に取り組むボランティア活動です

飼主のいない猫の
・不妊・去勢手術の実施
・正しい餌やり
・食べ残しやフン尿の掃除
などを行なったりすることで、人と猫の調和のとれたやさしいまちづくりを目指します。

≪地域猫活動のメリット≫
● 不妊去勢手術をすることで、子猫が産まれないのでノラ猫の数が増えない。
● きちんとエサをあげることで、ゴミを漁らなくなる。
● 置きエサをしないことで町の環境保全になる。
● 小さな命の大切さ、動物たちのやさしさを子どもたちに伝えられる。


TNR運動とはTrap-Neuter-Return Programの略で、
            現在飼主のいない猫に対して広く推奨されている運動です。

トラップ 猫たちを傷つけることなく安全に配慮して捕獲します。
ニュータ- 不妊手術を施し目印をつけます。
リターン 元の生活場所に戻します。

不妊手術を施し一代限りとして管理して行くことでノラ猫を減らしていきます。




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://nekocafemoca.blog133.fc2.com/tb.php/31-3be3aa04