fc2ブログ

=^_^= 自前・クラウドファンディング =^_^=

長い文章になりますが、どうぞ最後まで読んでいただけると幸いです。



お客様と触れ合えて、普段の様子を見て頂ける
『エイズキャリアっ子達のハウス』を作りたい!

人懐っこいキャリアっ子たちにも、いいご縁をつなげてあげたいと思って計画しました。

今回の保護猫ハウスは8畳ほどの小さなものですが、猫活の仲間たちが集える公民館のような役目も果たせたら良いなあと思っています。

譲渡会やイベント、会議など、これから後に続く若い活動者たちのために役に立つハウスにしたい。
とそんなことをいろいろ考えながら、応援、支援してくださる皆様に、頼らせていただきたく、
恥ずかしながら、お願いをさせていただきます。







今年保護した80頭の中にエイズキャリアの猫が6頭いました。

(元々2頭いましたから、一気に8頭になったのです。保護する部屋がなくて本当に困っています。
よく慣れてる子猫2匹は幸いにも良い里親様に恵まれて、家猫として幸せに暮らせるようになりました。)

1階の保護部屋は新しく保護した子達の隔離スペースなので、エイズキャリアの子達を保護する部屋がないのです。
現在はオーナー児島のプライベート空間である、
2階の【看取りの子の部屋】に仮住まい中ですが、
この部屋は重い病気の子たちのためにいつでも空けておきたいのです。




1階保護部屋





















【自前クラウドファンディングをする理由】
一般のクラウドファンディングも考えましたが、
ファンド会社さんへお支払いする手数料が高いので、
せっかくのご支援から手数料を引かれるのは勿体ない(^_^;)
と思ったのが一つ。

もう一つ、現在、大変忙しくしている為、
充分なリターン品を用意する時間、資金が無い事などから
自前クラウドファンディングのようなことを、
させていただきたいと考えました。

今回は資金の余裕がないため、リターンというほどのものではありませんが、以下に今できるお礼を考えております。


合わせて経費削減のために、自分たちで出来る事はなんでもやって行こうと思っており、
ボランティアさん達に助けていただきながら進めています。


猫ハウスを建てる庭の植木を撤去 
作業の様子はYouTubeから→一大プロジェクト『catガーデン付猫ハウス』





これからブロック塀を崩します。





【保護猫Café MOCAとは】
14年前に親子猫を保護し、殺処分の現実を知りました。
沢山のボランティアさん達が自腹で避妊去勢手術をしている事に感銘をうけ、
自分も猫のために何か出来ることをやりたいと思いたち、
近所ののら猫の不妊去勢手術から始めました。
その後、自宅を改装して保護猫Café MOCAをオープン。

赤い糸をさがしている保護ねこ達が、
のびのび暮らしながら、里親さんと出会える場所として、保護猫Café は最高の場所です。

一個人で沢山の猫を保護し、里親さんに繋いで来れたのは、
保護猫Caféという形態を取ってきたからだと思います。








しかし、保護猫Café MOCAは私1人で始めた小さなお店で、長年赤字続き。
入店料や雑貨販売などで、維持費を稼ぎ、活動を継続して来ました。
預金を取り崩しながら、やりくりする期間も長く有りました。
それでも、お金が続く限り、猫のために活動を継続したいと思って、
頑張ってきて、今ではたくさんの里親さんや支援者さん、ボランティアさんに支えられています。


【保護猫Caféの良いところ】
子猫も成猫もそれぞれに個性的な性格を持っているのが猫なので、
甘えん坊な子、遊び好きな子、大人しい子、シャイな子、
食いしん坊さんに、暴れん坊さん。
猫好きな子や猫なのに猫嫌いな子など、
本当に十猫十色です。
猫達が暮らす空間に里親希望者が見学に来るというスタイルは、
その猫の本来の姿を見ることができるので、
自分たち家族のライフスタイルに合った猫を選ぶ上で、とてもよい方法だと思っています。

そして、赤い糸を見つけた子達は無事に巣立ち、家猫として幸せに暮らせるようになるのです。
 












【保護猫Café MOCAの猫たちは】
ずっと外で暮らしてきた子達です。
エサも暖かい寝床もなく、病気や事故、虐待、殺処分から逃れられた子だけが生き延びる事ができ、
その生き延びた子の中から、保護される子はほんの一握りです。







猫はずっと昔から人のそばで生きてきました。
猫は基本的に人が好き。
優しく撫でられたり、触られるのが好きな生き物です。

しかし、外で怖い思いをして、極端に人を警戒するようになったり、
生まれてから一度も優しく撫でられたりした経験のない子もいます。
この子達の育ってきた環境に想いを馳せていただき、優しい愛情で包んで頂きたいと思っています。

多頭飼いは本来猫にとってはストレスになります。それはうちの猫達も同じです。
1日も早く里親さんの元で十分に愛され、甘えさせてもらって、
幸せな家猫になってほしいと願うばかりです。




【保護猫Café MOCAの現状】
保護猫が増えるにつれ、経費もかさみます。
人慣れしない子や、病気の子、乳飲み子とそれぞれに保護部屋が必要になり、
貯金を取り崩しながら、少しづつ設備投資をしてきました。

小さなお店ですから、入店できる人数も限られていますし、
コロナになり、入店制限をしてからはますますお店自体は赤字です。

お金はないけれど、広い庭があり、DIY好きというオマケが付いているので、
これまでも、少しでも猫達の生活環境が良くなるように、工夫を重ねて来ました。

ウッドデッキ、キャットアスレチック、catガーデン‥次々に
ウッドデッキでお昼寝!
猫Caféの部屋と繋がっています。


























Caféの猫達用の catアスレチック 

猫Caféの部屋からCatアスレチックに出て一周回れるようになっています。













Catガーデン 
人慣れしていない子たちの部屋と繋がっていて、広い庭に自由に出れるようにしました。
脱走防止も完璧です。
この部屋の子たちは怖がりさんばかりで、なかなか里親さんに繋げてあげられないので
せめてストレス無く暮らせるように、今年の夏に
Tシャツ販売とへそくりで作りました。

YouTube→夢のcatガーデン最終章





 

猫達の生活の質を上げる事に貪欲過ぎて、
もう、正直、貯金も底をつき始めました。
このご時世、いつ不測の事態が起きるかわかりませんから、
猫たちのために少しは残しておかないといけないので、これ以上の設備投資はしないつもりでした。

しかし、どうしてもエイズキャリアの部屋が必要になり、
今回の『自前クラウドファンディング』
に挑戦させて頂こうと思った次第です。



【オーナー児島の事】

13年前にMOCAの名前にもなったミケ猫のモカちゃん親子を
保護した事をきっかけに、猫の保護活動にのめり込みました。

名前が知れるようになるにつれ、お店の前に捨て猫された事もしばしば。
引取り相談で暴言を吐かれたり、心が折れる事も度々有りました。

オープン当初から猫の相談は後を立たず、朝早くから猫の世話をしながら、
お店を開けて、夜遅くまで捕獲に明け暮れ、
乳飲み子の世話で寝ない日も有りました。

忙しくて、お金が回らなくても、
猫たちを助けたい気持ちは強く持っていたので、
赤字を補填すべく、猫の保護費用の寄付を募らせていただき、
何とか活動を継続させて貰っています。



【古賀市地域猫活動サポーターとして】

TNRや地域猫活動の大切さを学び、
殺処分を無くすためには、蛇口を閉める事に力を入れなければいけないと
有志メンバーと共に
古賀市に地域猫活動の助成金制度のきっかけを作りました。




現在までに避妊去勢した数は1,000頭を超え、譲渡した猫も500頭に登ります。






ボランティアだけが頑張るのではなく、
猫を可哀想と思った人たちが気軽に猫活出来るように、
それをサポートするボランティアが沢山いて、
行政は補助金を出し、
小さな命に優しい街を作れたら最高です。




【小さな命を守る活動】
お腹を空かせた猫にご飯をあげる事は、優しさからの行動です。
非難するのではなく、一緒にTNRをし、小さな命を育み、みんなで見守る街になる事。
そうする事で、猫が殺処分されるという、悲しい現状を変えることができるのではないかと考えています。

私たちの活動を続けるには、沢山のお金がかかります。
みんなが少しの時間と少しのお金を持ち寄り、路頭に迷う猫を救っていく、
そして減らしていけば、いつかお腹を空かせたノラ猫は居なくなり、
殺処分される猫も居なくなると思っています。
【今後の保護猫Café MOCAは】
お店も少し広くなるので、
利益が増えれば、その分で保護ねこ活動に使えるお金も多くなります。
手伝ってくださるボランティアさんも増えていて、
これからもこの活動を続けて、啓発や若い活動者の為になる場所として
成長していきたいと思っていますので、
どうぞお力をお貸しください。

どうかご支援いただけますようお願い申し上げます。


 充分なリターンとは言えませんが、今できる、最大限のお礼をご用意させていただきました。
すでに、庭の工事に取り掛かっており、
必ず実行致します。

お店はオーナー児島の自宅という事もあり、
これまでの設備改修などは皆様にご支援をお願いする事は躊躇しておりましたが、
今回は皆様に頼らせて頂き、助けて頂きたいと思っています。
今までよりもお店も広くなり、エイズキャリア猫たちにも触れ合っていただき、
里親様につなげてあげたいです。
「エイズキャリア猫たちに触れ合える猫ハウス」の為に
どうかお力添えをよろしくお願い致します。


【エイズキャリア猫ハウス金額】
今回かかる経費は次の通りです。
◆既存庭、ブロック塀の解体及び
 駐車場とブロック塀の新設 約55万円
◆猫ハウス工事 約200万円
◆猫ハウス電気工事 25万円
◆必要備品 約30万円
《合計:310万円 》

工事がすべて終わるまでに、資金が集まらなかった場合
不足の分は借入をする段取りをしていますので、必ず実行します。

もしも予定より沢山集まったら、続けてCatガーデンの工事もしたいと思っています。

新しい部屋で使いたいものをアマゾンの欲しい物リストに載せていますので
こちらもどうぞよろしくお願い致します。
アマゾンほしい物リスト

お願いばかりになってしまいましたが、
私の残りの人生は猫を助けるために使うことを心に決めています。
ねこだすけが趣味なので(笑)、ずっと見守って頂けたら幸いです。












 【ご支援の方法】

◉【返礼品無し】     
①全額応援コース
振込金の全額が寄付になります。
口座振込振込先はブログの最後に


◉【返礼品付き】     
5,000円コース
お礼の手紙+ヒロくん絵葉書
10,000円コース
お礼の手紙+ヒロくん、ナナちゃん絵葉書
20,000円コース
お礼の手紙+Aルーム3人絵葉書
30,000円コース
お礼の手紙+Aルーム4人絵葉書 MOCAオリジナルカレンダー
50,000円コース
お礼の手紙+Aルーム全員絵葉書+MOCAオリジナルカレンダー
100,000円コース
お礼の手紙+Aルーム全員絵葉書 6枚)+MOCAオリジナルカレンダー+子猫に名前をつける権利

※お手数ですが、お振込後
〒、住所、お名前、電話番号をお知らせください。
返礼品をお送りいたします。

●メールから
✉︎
 satoneko.moca@gmail.com

公式LINEから 
ID moca20100505

 ●メッセンジャーから
FacebookMessenger
https://www.facebook.com/KogaCafeMoca/

Amazon欲しいものリストから必要なものを送って応援】
エアコン
掃除機

キャットタワー
ラグマット
フード
オヤツ
猫トイレ
おもちゃ
猫ベット
空気清浄機


 【ご支援とともにお願い】
今回ご支援いただくだけでも大変ありがたい事ですが、一人でも多くのかたに保護猫Café MOCAの事や、
TNR活動、地域猫活動を知っていただきたいと思っています。
この『自前・クラウドファンディング』のことを、
周りのかたに広めてくださいませんか!

SNSなどでのシェア、拡散して頂けると嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
新しい猫ハウスを笑顔で迎えられるよう
頑張ります。

保護猫CaféMOCA 店主
Kogaねこ代表
児島よし子


【支援金振込口座】
【銀行口座】
 福岡銀行 古賀支店(店番295)
 普通預金口座 1899909
 保護猫Café MOCA
 代表 児島よし子

【郵便口座】
 記号 17450 番号 95111981
 コジマ ヨシコ

他行から振り込みの場合は

【ゆうちょ銀行】
 店名七四八 店番748
 預金種目 普通預金
 口座番号9511198


【現金の送り先】
〒811-3106 福岡県古賀市日吉3-29-7
保護猫CaféMOCA   092-942-7232
                      児島よし子

PayPayでも送れます

→ https://qr.paypay.ne.jp/Glk4fItTKc48axI1
          ID  hogonekomoca
          携帯 09030102882





関連記事