FC2ブログ
猫はいろんな病気でご飯が食べれなくなります。
病気や病状によってはそれを受け入れて静かに見守る場合と、
頑張って食べさせて、回復に期待する場合。

強制給餌はもうしない!と決めると気持ちは楽なんだけど、
なんか諦められない時がある!

もう少し生きて欲しいという気持ち。
頑張ればなんとかなるんじゃないか!と思い込もうとする気持ち。

スミレちゃんとテンちゃん
保護当時から、弱々しくて、体調のすぐれない。
ガリガリ痩せっぽっちのふたり。
全然慣れてない怖がりさん。

慣れてる子なら、体調不良も気付きやすいし簡単に強制給餌も出来るんだけど、
慣れてない子をフリーにしてると、まるっきりこれの逆なのです。

簡単に捕まえられるようになった時、すでに相当具合が悪い時。それでも、やっぱり逃げようとします。
だから、ケージに入れて強制給餌するしかないのですね。




弱っててもしっかり保定しておかないと暴れて大変です。


こうやって、抱っこしてご飯を食べさせることが出来る様になった時は、もう弱って逃げる事も出来なくなったから。そしてスミレちゃんはもう、飲み込めない。





テンちゃんも口内炎が酷くて、ステロイドしてるけど、やっぱり激しく痛がる。
1ミリづつ、何十回も口を開けさせて食べさせる。テンちゃんにとってはこの時間は苦痛でしかない。みてる方が辛くなるほど、絶叫する時もある。

もうやめようか!テンちゃん。


弱ってしまった2人に強制給餌して、こんなことを続ける事に意味があるのか?

ただの自己満足。
これまで手を掛けてあげられなかった事の罪滅ぼしのつもりか!

自問自答。
どうしたらいい。誰か教えて……………





…。

関連記事