最近特に多い相談

『高齢者と猫』

この子のおじいさんも入院中です。



一人暮らしの高齢者が入院、施設にはいった。

残された猫の運命は猫好きでもない身内に託されてしまいます。

(頑張って猫を託す場所を探している人もいますが…)

そういう身内は引取るとか里親を探すとかって選択肢は全くなくて、

ボランティアに何とかして欲しいと簡単に言うんです。

さもなくば外に放り出す!センターに持って行く!と。



水戸黄門の印籠の様に私たちの前に突きつけられます。

『ははぁ~参りました』ってなるけど、

そう簡単に猫を引き取るわけにはいかないですよ。


私達は地域猫活動を軸に活動してて、

保護猫の世話や里親探しで、精一杯のいっぱいいっぱいなんです。

これから飼おうと思ってる方は責任持てないなら飼うべきでは無いと思います。

しかし、現状は

可哀想な猫を見捨てられずに飼ってる高齢者も多いです。



猫に癒され救われている方もたくさんいます。



無責任だと切り捨てても、猫も人も不幸になるだけ。

高齢者が安心して猫を飼うためにも、受け皿のシステム作りは大切ですね。

東京の方では、その手の講演会なども行われてる様ですし、

猫ホームもどんどん増えてます。


ペットライフネットさんの飼育サポートシステムやわんにゃお信託なども


魅力的です。


古賀にも信託で猫を預けられるCafeガットさんもあります。


しかし、お金があれば救われ、お金がなければ殺されるというのも

なんだか可哀想です。


ノラ猫も飼い猫も、捨て猫も多頭崩壊猫もみんな同じ命。


どんな境遇の子も等しく救われるシステムができる様に

みなさん知恵と力を出し合いましょう!




猫が救われる未来はきっと平和で、心豊かな暮らしが待っているはずです。







関連記事