ワラワラとざっと数えても15頭以上。
猫の問題が発生している事を知らない区長さんも多い。
ここもその1つ
超高齢のご夫婦が世話する猫は15頭くらい居るけれど、庭が広いのと周りが田んぼだったりで何とか、大問題にならずに済んでいたようです。一緒に世話をしている近所の方からの相談で動くことになりました。
お隣さんは『チョー迷惑!』と息巻いて居られるのですが、それも当然の事です。
増やし過ぎはダメです。
ここの猫を県の地域猫助成金でやりたいと思って、区長さんに相談したんですけれど、組長会で賛成が得られなかったとの事で却下。
区長がやらないって言ったら、申請が出来ないので残念です。
無料なのに何で???
少し離れたところに住む区長さんや、組長さんは危機感が無いのですよね。別にトラブってる訳でも無いしいいじゃんって事かな。
古賀には地域猫の意識がまだまだ浸透してないって事ですね。
私にしたら、
超高齢のご夫婦ですよ。猫が先か!じいちゃんが先か!ってくらいの危機です(笑)
急ぎでなければ、組長会に呼んでもらって、趣旨説明などさせて貰おうかと思ってんですが、
なんせメスが10頭くらい居るので、段取り踏んでたら、3~4ヶ月も先になりそうだ待てない!




痩せて体調の悪い子が多く、子猫が生まれて無さそうなのが救いでした。
生まれても育ってないっていうのが本当かもしれませんね。



餌やりさんの協力が得られて捕獲頑張ってます。
頭数の多いところは手術済みの子をドンドンリリースすると、後半の捕獲が難しくなるので、なるべく一気に捕獲して、手術日までうちで預かる事にしています。
手術日までが長い時はケージに移して待機してもらいます。
ケージの準備、片付けなど結構手間ひまが掛かりますし、
お店の猫と保護子猫と手術待ち猫で40匹くらいになるときも有りますから、
それはそれでなかなか大変なんですが、捕獲に毎晩通うよりは楽なのでね~。
前回6匹手術したので、今回早朝6時から6匹捕獲しました。
隣のおじさんにエライ感謝されました。手術後の見守りも快諾して貰い本当にありがたい。
残り3~5匹です。近日中にまた早朝捕獲行きます。
関連記事