殺処分ゼロの為には、地道な地域猫活動TNRが必要です。

残念な事に、古賀市ではまだ地域猫活動は始まっていませんが、
私たちは環境課と協力して、猫問題の解決に知恵を絞り、
地道に猫問題に取り組んでいます。

不妊手術にしても、猫の保護にしてもとてもお金が掛かります。
個人ボランティアレベルでは限界があります。

1昨年からわんにゃんフレンズ古賀がすごく頑張って、古賀市の公募型補助金を受けることもできました。

そして福岡県の地域猫事業にも申請し、無料の手術券を頂きました。

ありとあらゆる補助金などを駆使、皆様からの暖かい寄付金などでTNRの資金を集めて、

年間100頭ほど不妊手術しています。

不妊手術と並行して、持ち込まれる寸前の猫の引取りもしています。
市役所に持ち込まれてからでは、その子猫の出所も親猫の状況も分かりません。
市役所に相談のあった時点で、ボランティアに相談するように本人さんに話してもらっています。

相談してくる人もいれば、相談せずにそのまま持ち込む人もいますが、

相談されれば、その地域の状況も分かるので、TNRまで進めることもできます。
区長さんなどとお話がまとまれば地域猫活動につながる場合もあります。

持ち込みをさせない為の一歩踏み込んだ取組みです。

そうやって命が繋がって、保護している子たち。
メンバーで里親に出せるまでお世話しています。

今年の保護頭数はすでに30匹。
子猫ラッシュの5月を何とか頑張れば、後は月に数匹くらいでボチボチになりますから。

さー里親探し頑張らなきゃ~。

お問合せ、ご予約お待ちしています。

保護1日目 生後1カ月ほど
♂2 ♀2




生後17日  ♂1 ♀3







キンコンカン兄弟 生後1か月 ♂3




たけのこ兄妹 ♂2 ♀2 




団地猫 5匹  性別不明 






関連記事
TrackBackURL
→http://nekocafemoca.blog133.fc2.com/tb.php/1689-b23a977f