『動物福祉』とは、
一般的に人間が動物に対して与える痛みストレスといった苦痛を
最小限に抑えるなどの活動により、
動物の心理学的幸福を実現する考えの事。



5つの自由(5フリーダム)福祉の基本
ペット、実験動物、サーカスや動物園、水族館、毛皮や羽毛、肉やミルク用の家畜など
あらゆる人間の飼育下にある
動物の福祉の基本として世界中で認められています。
ブリーダーや保護施設などでも、守らなければいけない最低の基準です。


1. 飢えと渇きからの自由
その動物にとって適切かつ栄養的に十分な食物が与えられていますか?
いつでもきれいな水が飲めるようになっていますか?


2. 不快からの自由
その動物にとって適切な環境下で飼育されていますか?
その環境は清潔に維持されていますか?
その環境に風雪雨や炎天を避けられる快適な休息場所がありますか?
その環境に怪我をするような鋭利な突起物はないですか?


3. 痛み・傷害・病気からの自由
病気にならないように普段から健康管理・予防はしていますか?
痛み、外傷あるいは疾病の兆候を示していませんか?
そうであれば、その状態が、診療され、治療されていますか?


4. 恐怖や抑圧からの自由
動物は恐怖や精神的苦痛(不安)や多大なストレスがかかっている兆候を示していませんか?
そうであれば、原因を確認し、的確な対応が取れていますか?


5. 正常な行動を表現する自由
動物が正常な行動を表現するための十分な空間・適切な環境が与えられていますか?
動物がその習性に応じて群れあるいは単独で飼育されていますか?
また、離すことが必要である場合には、そのように飼育されていますか?


最近は動物愛護や、動物の権利などの活動が盛んになっています。
しかし、一部の動物だけを愛護するだけでは解決しないし、
動物の利用を一切しない世の中に一足飛びになるはずもありません。

まずは動物たちの福祉の向上について、身近なところから考えて行きたいものです。








『アースリングス』
https://www.youtube.com/watch?v=thFyxG5_V4c&feature=youtu.be
長いですが、ぜひ最後まで見ていただきたいと思います。



苦しみ続ける動物たちの為に◆さっちーのブログ◆



めー子のブログ




TrackBackURL
→http://nekocafemoca.blog133.fc2.com/tb.php/1588-1156e956