近くのR病院は年末年始も輸液の子達の為に早朝の1時間ほど診察して下さっています。

元日も休まずだそうで。

立派な機材の揃っている病院ももちろん必要ですが、
飼い主さんにとっては近くの親切な掛かり付け医は本当に有難いです。

元々、痩せっぽちの小さい子で体調の芳しくないスーちゃん。
体重は2キロくらいを保ってましたが、年末になって全く食べれなくなり
脱水も激しいので、注射、輸液をしてもらってます。
少しでも食べてくれると安心なんですけどね~。





関連記事
TrackBackURL
→http://nekocafemoca.blog133.fc2.com/tb.php/1561-c88e9314