人懐っこくて、甘えん坊のチャーリー。



チョビ髭がカワイくて、小さい子にも優しい.
とってもいい子



ちょっと大人しい性格かな~?

子猫らしい元気がないな~?と気になってました。

元々、細いタイプの子だったのですが、

触ると背中はゴツゴツなのに、お腹がプヨプヨ。
あ~ヤバイな~これ。

やっぱりFIP。


インターフェロンやステロイドの治療を始めて2週間。
腹水は増えて来てます。だるいのでしょうね。でも人が好き。触ると頭を擦り付けてきてゴロゴロ。

こんないい子なのに…

優しい里親さんに貰われて幸せになって欲しかったのに…。

本当に悲しい。

感染はしないと言われてますが、
FIP(伝染性腹膜炎)はまだまだわからない事も多いし、
治療法も見つかってない病気ですから、
他の子に感染しない為に自宅療養に移りました。

と言っても2階に移動しただけなんですけど。

いつも私の後をついて回るので、今日は降りて来てここでお客さんを出迎えてます。






腹水がかなり溜まって、きつそうです。


常連のMさんに撫でられて、ゴロゴロしました。



食欲はまだあります。

シーバのカリカリが大好き。



いっぱい食べて、このまま過ごせたらどんなにいいでしょうね。

FIPはまだまだ、予後の厳しい病気ですから、楽観は出来ません。
静かにそっと見守っていきたいと思います。

関連記事
TrackBackURL
→http://nekocafemoca.blog133.fc2.com/tb.php/1501-0214ed55