5年目
動物取扱業の更新です。
粕屋保健所から調査に来られたので、いつもより念入りに掃除して(笑)、書類を揃えて、
室内や猫トイレ、保護室、倉庫なども見てもらい、動物問題の、いろいろをお話しさせて頂きました。
担当さんは県の地域猫の事でもお世話にもなってる方で、気さくに親切に、けれど厳しく指導して下さいます。

今回、猫カフェとして第1種。
保護施設として第2種の登録を行うことにしました。

皆さんは
5フリーダム…『5つの自由』 をご存じでしょうか?
この事を常に頭において、これからも猫たちと一緒に頑張りたいと思います。




「5つの自由」に基づく動物福祉

1.飢えと渇きからの自由(解放)(1) 動物が、きれいな水をいつでも飲めるようになっていますか?
(2) 動物が、健康を維持するために栄養的に充分な食餌を与えられていますか?

2.肉体的苦痛と不快からの自由(解放)(3) 動物は、適切な環境下で飼育されていますか?
(4) その環境は、常に清潔な状態が維持されていますか?
(5) その環境には、風雪雨や炎天を避けられる屋根や囲いの場所はありますか?
(6) その環境に怪我をするような鋭利な突起物や危険物はないですか?
(7) その動物に休息場所がありますか?

3.外傷や疾病からの自由(解放)
(8) 動物は、痛み、外傷、あるいは疾病の兆候を示していませんか?
 もしそうであれば、その状態が、診療され、適切な治療が行われていますか?

4.恐怖や不安からの自由(解放)
(9) 動物は恐怖や精神的苦痛(不安)の兆候を示していませんか?
 もし、そのような徴候を示しているなら、その原因を確認できますか?
 その徴候をなくすか軽減するために的確な対応がとれますか?

5.正常な行動を表現する自由 

(10) 動物は、正常な行動を表現するための充分な広さが与えられていますか?
 作業中や輸送中の場合、動物が危険を避けるための機会や休息が与えられていますか?
(11) 動物は、その習性に応じて、群れあるいは単独で飼育されていますか?
 また、離すことが必要である場合には、そのように飼育されていますか?

















関連記事
TrackBackURL
→http://nekocafemoca.blog133.fc2.com/tb.php/1347-5dd3c715