知らない人がほとんどではないでしょうか?
2014年から3カ年の事業。

ボランティアが個人的に申込むことは出来ません。必ず市町村を窓口にしないといけないのです。




急に地域猫の助成金出しますから、さーやって!って言われても、市町村の担当者も???って感じで、どこからも手が挙がらなかったようです。
そんな中、糸島のボランティアさんが先陣を切って準備されてると聞き、ヨッシャー古賀も後に続くぞ‼️と。



まあ、これがなかなか大変なのです。結構、条件が厳しい。
無料で手術出来るのだから、当たり前ですよね。

餌やりさん、区長さん、市の担当さんと打合せを繰返して、何とか申請する所までこぎつけました。

そして、最も重要なのが地域住民に知らせる事です。

一生懸命TNRをやってる人も、もうひと踏ん張り、区長に頼んで回覧をまわしてもらいましょう。住民の意識改革が無ければ、また増えてしまいます。



今回、色々チラシを作りました。活動前と、途中経過、完了後まで4枚回覧をお願いする予定です。そして、その後は増やさないように区が主体となってやってもらうことが大事。

申請が下りたらザクザク手術して、
3月中旬位までに終わらせないといけないので、結構タイトなスケジュールです。お役所なので年度をまたぐ事は出来ませんかお

ガンバロー。
関連記事
TrackBackURL
→http://nekocafemoca.blog133.fc2.com/tb.php/1323-5f33a3f3