次回のアクションは1月2日、1月17日です。

初日12月13日5名
大分からソニックに乗ってやった来てくれた女の子。私の娘よりも若いお嬢さん。
彼女がたった1人で反対アクションを起こす事を知って、私も参加させて貰いました。

この日は寒風吹き荒ぶとても寒い日でしたが、『ぞうも、ライオンも、キリンもこんな寒いとこに連れてこられて働かされてるんだから、うちらも頑張ろー』と。


道路使用許可を取ってた場所は入口近くだったのに、サーカス側の圧力により場所を移動させられてしまい、
でもこれが逆にいい結果に。
地下鉄から上がって来た人が通る広い交差点で、道行く一般の人や、車やバスの人達がしっかり見てくれましたよ。





昨日12月27日4名参加

今回はお天気も良く、福岡から22歳の若いお嬢さんも参加してくれました。嬉しい。
サーカスに行く人はパネルやのぼりをチラッと見て、足早に過ぎ去る人がほとんどです。チラシもなかなか受取ってもらえません。
でも、サーカスから出て来た人達の反応は違います。見る前と見た後の変化は大きいのだろうと思います。
チラシを受取ってくれる人が多いし、パネルもじっくり見てくれます。



いろんな人に話しかけられて、今の日本の現状に義憤を持ってる人もたくさんいると感じました。近くの高校の先生がわざわざ来て、頑張って下さいと声かけてくださって。
生徒さんにもいろんな事話してるそうで、嬉しかったです。
人が生きるうえで必要のない、動物達の犠牲を無くしていこう。
毛皮、皮製品、動物実験、殺処分、動物サーカス、象牙、熊の胆、動物園、水族館、工場的畜産……
他にもまだまだ、たくさん。
すべては『知ること』

それにしても、飾りにファー(毛皮)の着いたコートを着てる人が多いこと。
そこにファーが必要?
その流行、そろそろ終わってほしい。

かく言う私もちょっと前まで、何も知らず気にもせず買ってた1人です。
まずは自分が辞められるものから、減らせるものから少しづつ。






関連記事