セコセコ、セコセコ…。
地域猫活動の資料作り。
ここ5~6年ボランティアだけで200頭ほどを手術してますが、古賀市の持込数は横ばい状態。私たちがTNRに駆けずり回ってもどうしても解決出来ない。
やっぱり地域猫活動やらなきゃダメだー!
ってことなんです。

わんにゃんフレンズ、まゆぞーさんと一緒に、保健所に行ったり市の担当者と打ち合わせしたり、市議さんとお話したり。
地域猫活動の大原則…市民、行政、保健所、ボランティアの協働。
この連携をうまくやる事が成功のカギなので、一歩一歩準備を進めています。

今日は糸島のボランティアさんともお会いして色々アドバイスを頂きました。
それから、S市議さんのお計らいで代表区長さんにもお話を聞いて頂く事が出来ました。
年始の全体区長会で話をさせて頂ける事になりそうです。
なんか風が吹いてきたね~♪とまゆぞーさんと、ホクホクしながら資料作りました。

地域猫活動の解りやすい資料を集めて、


印刷、印刷、ファイル、ファイル。



まずは区長さんに地域猫活動を知ってもらい、
地区の猫問題の把握、対応策を協議。
解決に向けて私たちの持っている全ての知識、スキル、コネを使い全力で対処する。



そして、今年から3カ年実施されることになった福岡県の地域猫助成事業に繋げてもらいたいと考えてます。
更にその先は、古賀市が主体となって地域猫活動を推進して頂きたい。
何が何でも地域猫活動を‼︎







関連記事