FC2ブログ
JUGEMテーマ:猫の保護・地域猫活動


2002年福岡で起きた子猫の虐殺事件

当時私は何をしていたのだろうか?
テレビのニュースでちらっと聞いたような覚えがある程度で、詳しい事を知ろうともせず、日々の生活に追われていたのか??

ちょうどうちのチョコちゃんと同じくらいの子猫。

『ごめんね。痛かったね。辛かったね。』

息が苦しくなり体が震え、あふれる涙を止めることが出来ませんでした。

『こげんたちゃん』のために何もしてあげられなかった事が悔しく情けない思いでいっぱいになり、日本がこんな恐ろしいことが平気で行われる国になっていること。
そんな中こげんたちゃん事件を知り、 悲しみを力に変え、数万という人たちが立ち上がり署名活動をし、犯人逮捕のみならず、政治家を動かし動物愛護法の改正に尽力されていったこと。
ちいさな命に向き合う勇気のある人たちがたくさんいるということ。深い悲しみと同時に大きな勇気が湧いてきました。
 

君にこげんたの声が聞こえたならば、その声をぼくのに変えて。

出来る事からたった一つの事から。無理をしなくてもいい。身の丈にあった事をたった一つするだけで、きっと世の中は変わるのだから…この本をひとりでも多くの人に読んでもらいたいと思います
  










関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://nekocafemoca.blog133.fc2.com/tb.php/11-94f093a8