仲良く寝るチャチャ君とミカルお嬢ちゃん
本当に仲良しなんです。
ミカルちゃんがチャチャ君大好きでいーっつもくっついてます。

でもよく見ると、なんか変???
チャチャ君の足が長すぎ?
おー埋もれてました。メン君
酸素不足で顔を出してきました(笑)

やっぱりなんか変
さすがメンくん必ず笑いをお届けします。
そんなメン君ももうすぐトライアルですよ~。
お利口メン君
きっと上手くいくと思います。ガンバレ。
そして里親さん、こんな子ですけど、とっても良い子なんですよ。

艶々の毛並みと最高の性格、
そしていつでも
笑いをお届けするかわいい子です。
2017.03.31 突然ねこ
突然モカの敷地に現れてきた甘えん坊。
オルくん。
  

 
ひとまず避妊去勢を…と捕まえた所、去勢済み( ゚д゚)
 
なんじゃ、迷子か捨て猫か?と外に出しても
どこにも行かず。
 
それに加えて本当にゴロゴロスリスリフミフミの甘々さん。
 
中に入れてけれー!バリバリ~
 

 
や、やめて~(>_<)
 

 

 
もう必死です。オルくん。
 
ベタベタで呼べば付いてくるような可愛い性格なのに
オルくんには困った事が…
オーナーが他の猫と同じようにワシワシ触っていたところ…
 ガブー!
(薄くモザイクかけてます)

 
また別の日。
ガブー!

 
いやはや、こんな噛まれ方した事ない私はドン引きです(ー ー;)
 
どういうスイッチなのか分からないのですが、
普通に撫でたり抱っこしたりは出来るので…。
 
そしてどこにもどこにも行かないオルくん。
とりあえず検査諸々はクリアしたので、
本日モカにデビューしてみました~。
 

ピト。
 

ピトー。
 

ピトーーー。
 
お、大人しい( ゚д゚)
 
他のネコたちにも全然興味なく、とにかくついて回って
座ると隣にピッタリマークです。
 
そして
 

プスーーー
 

 
可愛いじゃないかー。
オルくん、この調子でアピールして新しい出会いを待ちましょうかね~
 
猫がそばに居る生活をしたい!という方。
ぜひオルくんに会いに来てくださいね~♪
 
それにしても、どうしてこんな慣れっこが…
気になるけれど真実は闇の中ですね( ;  ; )
 
 
staff朝日
やっとやっと猫アスレチックに取り掛かります。

まずはこの窓から少しだけ部屋を延長します。

サンルームほどでもなく、

コンサバトリーほど洒落てもなく、

温室のような?

あは、意味わかりませんよね。

出来てからのお楽しみです。





駐車場側の壁面に猫アスレチックを作る予定なので、

そこへ行くための通路にもなります。




 
これを全部自分たちでやろうって言うんですら無謀でしょうかね~~?

しかし、節約節約!

やるしかない!

まずは、現在玄関までのアプローチになっている石畳を移動させて、

新しく道を作らなければいけません。

まずは新しいアプローチ になる方の芝生を剥がしました。





そして元々あった石を掘り起こして移動。

これがセメントで固めてあったので、

相当重くて結構たいへん(^_^;)

今日中に固めて終わらせたかったのですが、時間がなくてやれませんでした。

今週はお天気があまり良くないので、作業がはかどりませんね~~。





その間にコンサバトリーの図面書いて、

材料を調達しなければいけません。

あれこれ考えながら案を絞ってます。





予定としては4月の月、火、水は作業に当てる予定です。

まずは材木の注文、切り出しとペンキ塗りから。

ブログで進捗状況は報告していきますので、

お時間のある方はお手伝いをお願いします。

ゴールデンウィーク前には終わらせたい!


為せば成る!


2017.03.30 ジーナちゃん
先日、可愛いジーナちゃんの姿を激写です☆
 
お客さまの猫じゃらしテクで
 

 
分かりますかね~
タワーの穴から飛び出してキャッチしてます。
 
よ~く狙って~
  

  
ビヨ!スカ!
 

 
ジーナちゃんハッスルしてます~
 

 

 
お写真でなかなか伝わらない可愛さ~!
 
ジーナちゃん普段はおとなしいですが、とても遊び上手なのでした~(*^^*)
 
staff朝日
最近特に多い相談

『高齢者と猫』

この子のおじいさんも入院中です。



一人暮らしの高齢者が入院、施設にはいった。

残された猫の運命は猫好きでもない身内に託されてしまいます。

(頑張って猫を託す場所を探している人もいますが…)

そういう身内は引取るとか里親を探すとかって選択肢は全くなくて、

ボランティアに何とかして欲しいと簡単に言うんです。

さもなくば外に放り出す!センターに持って行く!と。



水戸黄門の印籠の様に私たちの前に突きつけられます。

『ははぁ~参りました』ってなるけど、

そう簡単に猫を引き取るわけにはいかないですよ。


私達は地域猫活動を軸に活動してて、

保護猫の世話や里親探しで、精一杯のいっぱいいっぱいなんです。

これから飼おうと思ってる方は責任持てないなら飼うべきでは無いと思います。

しかし、現状は

可哀想な猫を見捨てられずに飼ってる高齢者も多いです。



猫に癒され救われている方もたくさんいます。



無責任だと切り捨てても、猫も人も不幸になるだけ。

高齢者が安心して猫を飼うためにも、受け皿のシステム作りは大切ですね。

東京の方では、その手の講演会なども行われてる様ですし、

猫ホームもどんどん増えてます。


ペットライフネットさんの飼育サポートシステムやわんにゃお信託なども


魅力的です。


古賀にも信託で猫を預けられるCafeガットさんもあります。


しかし、お金があれば救われ、お金がなければ殺されるというのも

なんだか可哀想です。


ノラ猫も飼い猫も、捨て猫も多頭崩壊猫もみんな同じ命。


どんな境遇の子も等しく救われるシステムができる様に

みなさん知恵と力を出し合いましょう!




猫が救われる未来はきっと平和で、心豊かな暮らしが待っているはずです。