※トップ記事固定です。新しい記事はこの下にあります。
これまでMOCAでは初めて猫を飼うご家庭のお子様や
猫が好きなお子様にも猫と触れ合って頂きたいと思い、特に年齢の制限はありませんでした。
ただ、お子様が元気に遊んでいただける時間が長くなりすぎると
成猫や子猫も疲れてしまうようです。
そこで8月より、小学生4年生以下のお子様がご予約いただける時間を限定させて頂くことにしました。
小学生4年生以下のお子様とご一緒の来店はそのお時間のみとなります。
短い時間にはなりますが、ご理解くださいますようお願い致します(^^)


『小学4年生以下のご予約時間について』
入店できる時間帯
12:00~13:30


家族全員30分 (入店のみ400円、ドリンクセット700円)
・その他…
 
小学5年生6年生のお子様は何時でも入店できますが、ご利用時間は1時間とさせていただきます。
 
あわせて中学生以下のお子様は必ず保護者同伴で猫ルームへ入室してください。
(保護者の方がカフェルームでお待ち頂くことはできませんので、
必ず一緒にご入室してください)

2階の物置みたいになっていた部屋の荷物を断捨離して、
病気の猫達の部屋にしたのはいいけど、なかなか
快適空間にする暇がなくて・・・。
結局、今日も掃除洗濯して終わり。
ここはエイズ、白血病、FIP、重症の腎不全などの
お店には出ない子達の部屋。
まー言えば隠居部屋みたいなもんですね。
前に頂いていたコタツを出してあげてます。
頂いた猫用コタツの上に一回り大きいテーブルを重ねて全員入れるようにして、
毛布をかけてます。
痩せっぽちの子達にはとてもいい。
いつもヌクヌク。

毛布をめくってみると
中にはイマルちゃん、ベッキーちゃん、スーちゃん

そして、もともとあったベッドの上にコタツをセッティングしてます。

この部屋はガランとし過ぎなので、
2つに仕切りたいと思いながら、結局、今年中にはなんも出来ないまま。
来年こそやるぞ!課題だ!

実は
コタツの上もあったかいんですよね。
チャー君とイマルちゃんが仲良く寝てました。

今この部屋には4匹。
闘病中の子達の運命を分けるのは、
食欲があるかどうか。
そして慣れているかどうか。
生きる事は食べる事なんだと実感しますよ。
ベッキーもスーちゃんも抜歯してから、よく食べるようになりました。
食べれない事は死に直結します。
食べれない子の中にも、強制給餌で持ち直す子もいれば、日に日に弱って亡くなる子もいます。
1番厳しいのが、慣れてない子です。
投薬も給餌も難しい。
回復する病気なら、
押さえつけて点滴してもいいのかもしれないけど、
私はそこまでする事はない。
何も受け付けなくなったら、
ヌクヌクさせて、眠るようにその子の最期を見守る。
そうやってたくさんの子を看取って来ました。
1日でも長くとは思うけど、長く生きる事だけが目的ではないと思っているから。
生きてる間を快適に、苦しい時間は最短に。
これからも、みんなそうやってこの部屋から旅立っていく。
久々の良い天気で
皆さん大掃除に忙し事でしょう!
うちは一年中大掃除してるけど一向に片付く気配がない。
せっかくの良い天気。
今日はカビ猫ちゃんたちの洗濯です。
洗濯して、半乾き状態で


並んで毛繕い

からの
天日干し。
肉球が焼けるくらいの暑さ
あっという間に乾きました。
これでカビが死んでくれたら良いけどね~~

せっかくの良い天気。
さ、さ、掃除やろー。
丸々とした子猫5匹。

まあまあ慣れてるから助かる。

こっちがお母さん猫。明日手術します。
うちのベッキーちゃん似で
愛着のある顔。
前にも出産してたのに、また出産したって
言うじゃない!
するよね !普通に産むよね。

餌をあげてたら、子猫が生まれて、
それも5匹も。
近所迷惑にもなるし、餌代も大変。
親子まとめて保健所に持って行こう!って。
え~~~。でしょ。
ふつう、え~ってなりますよね。
それを聞いた知人がMOCAに相談してみって事で電話かけて来た次第。
モヤッとするいきさつは色々有るんですが、とりあえず母猫の手術には応じてくれて費用も出してもらえる事になったので、ヨシとしよう。
子猫達はみすみす保健所にやる訳には行かないので
引き取りましたけど、
正直、きついんですよね。
今も病気の子が多くてなかなか大変なんで。
でも引き取るしかない。
頑張ろ!!
子猫達の風邪がひと段落して、
土偶のように目が腫れてた子達も
日に6回の点眼でやっとやっと治って来た。
タイム&セージ兄弟

と思ったら今度は真菌~( ´△`)
猫の真菌はハゲが出来るまでわからないので厄介なんですよね~~。
ジワジワと皮下で広がって毛が抜け落ちるのは少し経ってからなんでね~
みんな一緒に遊んでたから、気がついた時にはすでにプチパンデミック( ´△`)
次々新しい子が来る多頭飼いの悲しい現状ですね。
保護してから1ヶ月は隔離して健康チェックして合流させてるんですけど、
真菌はやっぱりどこからかやって来る怖いヤツなんです。
子猫とか、毛の薄い子に移りやすいですね。

ジュジュちゃんも

ネロ君も

ミカルちゃん

メン君のは真菌ぽくないんで、皮膚病か!

子猫達はずっと一緒に遊んでたので、まだこれから出そうです~こわいわ。
しかし、真菌は治療していけば必ず治るので、あまり悲観する事はないのです。
里親さんにつながる大事な時期を隔離部屋生活になるのが、ちと、残念ではありますが。
これもその子の運命なのでしょう!
ちょうどお正月休みに入るので、しっかり治療したいと思います。
また来年、少し大きくなってお会いしましょう!!!