FC2ブログ
この度、古賀市議会に請願書を提出致しました。

古賀市の飼い主のいない猫問題の解決策として地域猫活動の実施」に関する請願


一言で請願書を出すと言っても、何をどうしたらいいのかも解らない訳です。

細かく全面的に後押ししてくださったA議員 S前議員さんありがとうございました。

そして紹介議員を引き受けて下さった、Y議員、I議員、H議員さん本当にありがとうございました。

とりわけ、代表紹介議員であるY議員には、

地域猫活動について、
請願内容に沿った詳しい説明をしていただきました。
おそらくたくさん調べて勉強してくださったのだと思います。

厳しい質問などもあり、苦慮されたところもありましたが、さすがベテラン議員さん、
うまくまとめて頂き、無事に全員賛成で採択されました。

立派な資料を作ってくれたわんにゃンフレンズの岡田さん、お疲れ様でした~。
質問にもサクサク答えてくれてました。さすが~。









私も請願人として5分間のスピーチ頑張りました。
時間がたくさんもらえれば、もっと訴えたいことがあったんですけどね~

これで私たちに出来ることは終わりです。

後は本会議でどうなるのか?

興味のある方はぜひ一緒に傍聴に行きませんか?
6/24日です。
時間はまだ分りませんので追ってお知らせします。

b0aac97f5cb586e4d5a4a1ce8fd2e593.jpg


請願人の願意として話した内容



私たちは7年ほど前から個人で自分の住んでいる地区の飼い主のいない猫の不妊手術をしてきました。
メンバーは全員、仕事を持つ普通の主婦です。
現在までに363頭の不妊手術をし、里親を探した数も210頭にのぼります。


私たちの活動の目的は二つあります。
まず一つ目は古賀市から持ち込まれ、殺処分される猫をゼロにしたいと言う事。
そして、二つ目は飼い主のいない猫を減らし、猫による住民トラブルを防ぎたいということです。

福岡県が2005年から3年間に渡り犬猫殺処分 全国ワースト1であったことをご存知でしょう
か?その殺処分の多くが、古賀の小竹にある福岡県動物愛護センターで行われています。福
岡市が2009年に地域猫活動を取り入れる際に開かれた講習会には、県や行政の職員、多くの
ボランティアが参加し、関心の高さを感じました。
ここ最近はワースト1を返上し、8位前後で推移しており成果は出てきています。
早くから地域猫活動に取り組んでいる東京の千代田区などでは6年も前から殺処分ゼロを達成しており、
やれば出来るということの手本になっています。

いっぽう古賀市環境課や私たちの所には昨年だけでも76件の相談が寄せられています。
猫による苦情だけでなく、子猫の保護依頼や野良猫の避妊去勢手術の相談をする人も多くいます。
しかし中には避妊去勢手術もせず、ただ餌だけをやり、猫を増やし続けて近隣トラブルに発展し
ている人も少なくありません。
そこにこそ、この問題の本質があります。無責任な餌やりを放置せず、真摯に取り組むことが必要です。

資料の中に統計が有りますが、持込が毎年のように続いている地区もあります。ぜひ議員の皆
様もご自分の住んでいる地区は、どういう状況なのかご確認頂きたいと思います。
一昨年までは環境課に相談しても、その場しのぎの餌やり禁止の対応しか出来なかったという現状があり
ました。それは古賀市が猫問題の解決に対する明確な政策を一つも持っていなかったからです。
餌やりを禁止しても猫は周辺に流れて散らばり、そこでまた同じ問題が出るだけです。

2年前から古賀市公募型補助金や福岡県地域猫事業の取組を、ボランティア主導で行って来ました。
そのため現在は環境課も積極的に関わって下さり、協力しながら一つ一つの相談に対処して
います。私たちが暗中模索していた活動にも少し明かりが見えてきたという感じでしょうか

しかし、公募型補助金も県地域猫事業も今年度限りです。
事業が終わってまた元に戻ってしまうことだけは避けたいと思っています。
問題地区からの相談をボランティアだけでカバーすることは到底出来ません。
TNR活動や地域猫活動が市民に周知され実行されれば、問題の解決は急速に進みます。
小さな命をむやみに殺す事を子どもたちにどう説明出来るでしょうか?
小さな命を大切にする町は、子供も年寄りも大切にされる町になるのではないでしょうか?

本来、猫の問題は市が取り組むべき環境問題の一つです。明確な方針を出して市民やボランティ
アを巻き込みながら、解決を図ってほしいと切に願っております。
                                           以上





猫好きの方ならお家にねこグッズが1つはあるかと思いますが!
 
我が家のニャンコがモデルの絵を飾ってみては
いかがでしょうか~(=^ェ^=)
  
じゃじゃーん☆

(写真が光ってしまいました(*_*))
  
うちの猫に似てる~はあっても、
うちのこ!は、なかなか無いですよね(*_*)
 
お部屋に飾るにしても、写真とはまた違う可愛い雰囲気が出るのが
絵の良いところですね~☆
 
ご希望の方はお電話にてお問い合わせ下さいませ~☆
オーダー料金(6,000円)の一部はモカへの寄付金へとなっております(=^ェ^=)
092-942-7232 (猫カフェMOCA)
   

 
まずはワタシよ。
モカ様は難しそうです~(^◇^;)
  
staff朝日
入る前にも説明させていただいてますが、
守れないお子さんや、一緒になって約束を破る親御さんもたまにいらっしゃいます。
抱っこ全般がダメ!という訳ではありません。
抱っこしてみたい!という気持ちもよくわかりますので、抱っこの仕方や扱い方など教えながら、抱っこが好きな子を膝に乗せてあげたりします。
 ぜひ声をかけてくださいね。
乱暴な子には親御さんに代わって
私がやさーしく注意させてもらってます(^_^;)
今年の保護猫は先日亡くなったクロスケに始まり、

成猫保護が8頭。

秋生まれの中猫6頭。

春生まれの子猫29頭。

今年度から古賀市役所に持込相談のあった時点で、私達ボランティアを紹介して貰うようにしています。
だからといって全てを引き取れるか?って不安も有りつつ。

わんにゃんフレンズ古賀のメンバーと相談しながら、
1つ1つやっつけてます。

今までコツコツT N Rして来て、持込数はかなり減少しているので、今年はもっと少なくなっているはず。

持ち込む人への啓発が大事だから。

T N Rや地域猫の話をしないと草の根の解決には至らないから。

生かせるならと相談してくる人もいれば、そんなの面倒くさいとそのまま持ち込む人もいます。


市役所経由の子猫は18頭。

保護数も多く、子猫の体調管理にバタバタしながらですが、お陰様で

22頭の里親様が見つかり安堵しております。

これからデビューの子達も多いので、ぜひ会いに来て下さいませ。




ミルクっ子達も里親さん宅で幸せになりました。


キスケ、イチマル



ポポ、タオ




ゆず君



今日から少しデビューの、茶々くん。
 

 
ニャーニャー言ってますが、少しカフェにも慣れてきて
ソファでじーっとスヤスヤ…
 

 
だっこもできるので、見かけたら触ってあげてください~♪
 
そして、子猫が多いこの時期に
ひとつお願い事と言いますか、注意事項があります。
 

 
近くに連れてきたり、膝に乗せたい気持ちはとても分かるのですが(>_<)
 
1人一回でも人数が多くなるとその分何度も抱き上げられる事になり、子猫の負担になってしまいます。
みなさま一人一人のご協力をお願いします。
小さなお子様には、親御さんより、分かるようにきちんとご説明もお願いいたします。
そして元気な子猫たちと、楽しくドタバタ遊んで頂けたらと思います(*^_^*)
宜しくお願いします。
 

 
そして猫たちのオヤツと、おやつ代にと寄付を頂きました!
 

 

 
いつもありがとうございます(>_<)
 

モリモリ食べて大きくなるじょー!
 
 
staff朝日