子猫は母猫の免疫が切れる頃に体調を崩しやすくなります。五兄弟で一番ちいさかったサム君。
下痢してご飯たべれなくなってしまい、皮下点滴、薬を飲んで頑張ってます。


五兄弟は運良く、早々に全員里親さんが決まりましたので、
しばらくケアしてからのお渡しになります。


乳飲み子たちも、預かりボランティアさん宅でスクスク成長中。
目が開きましたよ~。可愛いですね~。
でも可愛いだけじゃない~。乳飲み子育ては大変です。


全員茶白♂
キンコンカン兄弟です。






レジ横に置いてる募金箱。
お釣りなどを入れて頂いて、1年で沢山貯まりました。
全部で ¥34,750
猫のフードに使わせていただきます。本当にありがとうございました。

現在は熊本地震の募金箱に変えています。

よろしくお願いいたします。
子猫シーズン到来
4月頭から相談件数はだんだん増えて、最近は毎日のように電話有ります。
市役所経由で相談のあった子猫4匹はわんにゃんメンバー宅にて預かりケア中です。
竹やぶ遺棄4ニャン
黒♂とサビ♀の4匹

キジ5ニャンは
すぐに里親さんが決まり、体調管理後のお渡しの予定です。

乳飲み子 茶トラ3ニャン

は新会員さんがミルボラしてくれて、元気にスクスク成長中です。
猫の集まる駐車場がある。
数人からの情報でそこを偵察して見ると
腐ったドライフードの上にチクワが山積み。
チクワをばら撒く人、もしかしたらあの人かもしれないと頭をよぎる。
少し前に、この場所のエサやりをしてないか聞いた時にはしていないとの答えだった。
エサやりさんを探し出さなければ、事は先に進まないので、今日は6時から張込み。
夜8時過ぎに見覚えのある人影が~。
あーやっぱりあの人だ!
声をかけて状況を尋ねながら、いろいろ話してたら、他にも2か所エサやりしている事を話してくれた。
どちらも10頭ほどいるとの事。
全部で30頭。どんだけ増やしてるんだか~。
こっそり餌やりだけしてたらダメ!だと説得してもなかなか理解して貰えない様でもどかしい限り。

ドライフードを置いてるのは別の人らしい。
エサやりさんを見つけて、置きエサを辞めてもらわないと~。これ酷すぎ。腐ったドライフードの上に次々と重ねている。



5月になったら、捕獲手術頑張りましょー。

わんにゃんメンバーだけでは、とても大変です。捕獲、送迎などお手伝できる方はご協力お願いします。
ご連絡は
猫caféMOCA  児島まで。
09030102882
よろしくお願い致します。
東区おばあちゃんの猫
白血病のココちゃんに里親さんが決まりました。
怖がりで私は触る事が出来ないまま、預かりさんにお願いしていました。
預かりさん宅で、少しづつ人慣れして触ったり抱っこしたりできる様になり、赤い糸を待っていたんです。
そして、ネットの募集記事からお問合せを頂きました。
先日、正式譲渡の手続きに伺ったんですけど、わたしにはこの通り(笑)
固まってしまいました。でも元気な姿を見せてくれて嬉しかったです。

こちらは先住猫君。
白血病キャリアです。

ココちゃんの件で、病気だからって諦めちゃダメだってことをつくづく思いました。
同じ病気の子を持っていらっしゃるご家庭で、お友達になってくれる子を探している方もたくさんいらっしゃるんですね。
よいご縁になって本当に嬉しい。ありがとうございました。