FC2ブログ
長い事、預かりさんにお願いしていたマコちゃんです。
預かりさんちの猫にしていただきました。
本当にありがとうございます。

可愛い先住猫さんがたくさんいるです。
ミコちゃんと仲良くしてもらってます。

すみません名前を忘れちゃった。


そして、最近保護預り中のタマちゃん。全然慣れないんだそうですけど~
可愛い子でした。良い里親さんに繋がるといいですね。
4年前に20数頭の不妊手術をした猫屋敷。
里親に出したり、亡くなったりで残りは2頭になっていました。
しかし、生活が立ち行かなくなり
とうとう自宅を手放し親戚の家に身を寄せる事になったそうです。
泣く泣く猫を手放さざるおえない状況に。
乗りかかった船なので最後まで責任を!
それ、本当は私が責任を取るんじゃなくて本人さんが責任とって欲しいんですけど、そう簡単にはいかないのが猫活なんです。
ま~仕方ないですね。
という事で大きな茶白君が来てます。
茶々♂ 5才
まだ箱から出てこれません。
もう1匹は写真撮れてません😂

そしてこちらは多頭保護しているボラさん宅から来た子
このみちゃん♀ 3才

モナミちゃん ♀5才
こちらも隠れてます(笑)

近々お披露目できると思います。
大きな子達も可愛いですょ~。
ぜひ会いに来てくださいませ。
今回の地震で犬猫たちのために何かしたいと思っていらっしゃる方も多いと思います。
どこに送ったらいいのかわからない人たちのために
「TNR-博多ねこ」さんからメールが来ていましたのでお知らせします。
うちのお店でも物資を取りまとめて送りたいと思いますので、一個からでも持ってきてください。
あと募金も届けたいと思います。ご協力お願いします。
うちに持ってきてもらうのは犬猫用品のみでお願いします。
宅配で送る場合はMOCAではなく、下記住所まで直接送ってくださいませ。






【熊本地震 緊急支援のお願い】
≪犬猫用≫※必ず支援物資の宛先に
「緊急災害わんにゃんネットワーク熊本 増子元美様」と記入し、
黄色の布ガムテープに
(犬猫支援物資)内容内容を書いて箱に貼ってください。
雨風しのぎ 衛生面対策
・はとめ付きブルーシート
・ストレスにより胃腸ダメージが予想されます。消化よいタイプ
・消化器ケア缶詰
・消化器ケアドライフード
・ペットシーツ
・ペットオムツ
・感染予防消毒(安定型二酸化塩素)
必ず支援物資の宛先に
「緊急災害わんにゃんネットワーク熊本 増子元美様」と書いてください。
そして、黄色の布ガムテープに(犬猫支援物資)内容の記入お願いします。
◯持参できる方→熊本→避難所
〒862 0950
コンパニオンアニマルパーティ
増子元美宛
熊本県熊本市中央区水前寺1-1-26-1
受付電話 090-8627-0601
◯送ってくれる方→福岡→熊本BOY→増子→避難所
〒833-0032
福岡県筑後市野町312
池田建設 橋下力也 様 増子様 宛
090−5748−3724(橋下様)





《人用》尚、高島市長も以下の6種類のみの支援物資受付(人間用)の発表をしています。
その際にも箱に内容を必ず書いてください。
受付期間
2016年4月17日(日)13:00~20:00
2016年4月18日(月)以降10:00~20:00
受付場所
旧大名小学校(福岡県福岡市中央区大名2丁目6-11)
提供を受け付ける物資
1. ペットボトルの水(未開封でもちろん賞味期限内)
2. トイレットペーパー
3. おむつ(子供用、大人用)
4. タオル(未使用、未開封のみ)
5. 毛布(未使用、未開封のみ)
6. 生理用品
現時点では、上記6種類以外の物資は引き取れない点に注意してください。
なお、提供頂いた物資は旧大名小学校の教室を利用して仕分けを行い、まとめてから被災地に送るとのことです。
また、個人ではなく企業が大量に提供する場合は福岡市役所市民局(092-733-5161)まで相談して欲しいとのこと。
本当に被災地の手助けをしたいと考えているのであれば、個別に送るよりもこうした団体、自治体に提供するようにしてください。
被災地では個人が個別に送ってくる救援物資を開封し、仕分けして配布まで行う人手はありません。阪神・淡路大震災の状況をもとに、「救援物資は被災地を襲う第2の災害」とも言われているほどです。
以上です。
今回の地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、1日でも早く被災された皆様が安心して過ごせますように。
TNR-博多ねこ木本美香
先日からお願いしていました、子猫フードはもう十分になりました。送ってくださった皆様、持ってきてくださったお客様、本当にありがとうございます。
あとは熊本の方へおねがい致します。
熊本の地震で迷子の犬猫が沢山でているようです。早く家族と会えますように。
熊本は同行避難を認めています。受け入れる避難所や病院などもあります。民間ボランティアも多数現地入りしているようです。皆さんで情報拡散して困っている人に届きますように。
私もFacebookでなるべくシェアするようにしています。
災害のたびに考える同行避難ですが、
こんな時こそ、「もしも」の時についてしっかり考え、シミュレーションしときたいものです。




みんな元気にスクスク育っています。


全員里親様決定です。


里親希望者様は毎日のように来て頂いてますが、譲渡対象の猫が居ない状態ですので、


他の譲渡会などを紹介してます。


チム、タム、サム、トム、エム











乳飲み子もオッパイ飲んでます。




早く目があいて可愛い顔を見せて欲しいですね。