あんこちゃん、正式譲渡になりました。

三毛さまらしく、中央に鎮座するあたりあんこちゃんらしいです。
とってもホッコリする一枚

o0338025413218107918.jpg





今こうして幸せに暮らしているあんこちゃん。
あの日 見つけてもらわなかったら、
あの日 保護していなかったら、無くなっていた命。
保護するって簡単な事じゃない。
お世話が出来るのか?治療をどうするのか?お金は?
里親さんが見つからなかったら?
いつも頭の中がグルグルになり、
恐怖に武者震いしながら保護している。
うちはいつもキャパいっぱいいっぱいで、里親が決まらなければ
次の子を保護する事は出来ない。

年末にも骨折の子がいた。
保護するには時間的にも精神的にも余裕が無かった。
保護しようと思った時には居なくなって
これがノラ猫の運命、悲しい現実

どんなに懐いて可愛い子でも、どんなに情が移った子でも
譲渡の時に私は泣かない。
みなしごだった子に家族が出来るんだもの、こんな幸せな嬉しい事は無い。

そしてまた、私はみなしごを拾う。
1匹の譲渡で2匹の猫が救われるのだから。

とても素敵なご縁に恵まれて、幸せ切符を手に旅立ちました。
お姉さんのシャムたんとお兄ちゃんのくろまる君、そして優しいパパとママ。




シャムたん。とても甘えん坊で可愛かった。きっとあんこちゃんのいいお姉さんになってくれると思います💖





黒丸くんは押入れから出てきてくれず😿
白黒靴下の足だけが見えました~(笑)
とてもダンディな白黒ちゃんのようです。
あんこちゃんの優しいお兄ちゃんになってね💖

里親さんのblog
http://ameblo.jp/tabbycat223/

1日経ったあんこちゃんは
ケージから出てご飯を食べて、名前を呼んだら
自分から寄ってくるそうです。
しゃむたんと黒丸君とは少しづつ、仲良くなってくれるでしょう。





無事に避妊手術が終わりました。




あんこちゃん会計報告 
2015/1/22 更新しました。
いつも治療費も手術代も安くして頂いている先生に、
『あんこちゃんの手術代は寄付金があるので、お金を取ってください!!』と言いましたが、
あっさり、他の子の為に使ってくださいと言われ、また安くしてもらいました。
ホントにありがたいけど申し訳ないです。すみません先生。感謝です。

あんこちゃんのために寄付して頂きました皆様には、本当にありがとうございました<m(__)m>
私の一存で申し訳ありませんが、残ったお金は傷病猫用に取っておきたいと思います。

日付項目収入支出残高
6/10レントゲン他 3,893-3,893
6/13真菌薬 レボリューション 1,647-5,540
6/14診察 540-6,080
6/30あんこ募金158,000 151,920
7/1抗生剤他 1,512150,408
7/14注射 2,920147,488
7/29ワクチン・ウィルス検査他 12,420135,068
8/1真菌薬  665134,403
8/27ワクチン他 7,107127,296
11/24リハビリ入院 4,428122,868
11/24断脚手術 13,738109,130
12/4抜糸 540108,590
2015年    
1/20避妊手術 12,96095,630
     
     

あんこちゃん募金 残金95,630円は傷病猫用に積み立てます。
http://nekocafemoca.blog133.fc2.com/blog-entry-1326.html




ご寄付を頂いた皆様

  藤野純子様
 宮川様
 金子春美様
 オカダ様
 田中悦子様
 田島様
 上山幸子様
 瓜生様
 真庭みつか様
 岩崎真弓様
 匿名様
 瓦田 理栄様
 下ノ村 眞紀様
 日下 栄子様
 房崎 三恵子様
 匿名様
 矢山 佳子様
 副島 真弓様
 マツモト様
 楠原 弘子様
 ヤマシタ サオリ様
 田中 文枝様
 柴田 由希子様
 矢野 雅子様
 藤川 純代様
 釜瀬 かおり様
 田中 洋子様
 古城 貴美様
 タカハシ ヒテ゛キ様
 波照間 昌子様
 中川 登茂子様
 井手 道代様
 阿部 千秋様
 大橋 和信様
 岩永 亜樹様
 



先週の日曜日に手術しました。
経過は良好で病院に一泊して次の日には退院してきました。

食欲もあり、猫じゃらしで遊んだりもします。




まだ、痛いでしょうがしばらくの辛抱です。


傷が良くなれば、本格的に里親募集もしていきます。
甘えん坊のかわいいこですよ~
宜しくお願い致します。





あんこちゃんの経過報告
あんこちゃんの腕は、肘の関節のところが骨折しており、
手術で元に戻すのは非常に難しいとの事でした。
整形外科の名医と言われるような先生にお願いすれば上手くいくかもしれないけれど、
それも必ずしも成功するとも限らないというような状況で、費用もかなり掛かるだろうとの事でした。
手術するなら、早い方がいいわけなんですが、保護当時、あんこちゃんは痩せてボロボロでまだ体力も無く
うまく行くかどうかも解らない手術を受けて何かあっても可哀そうだし、費用も用意できないし…で
しばらくはこのままで、いずれ断脚手術を受けるつもりで預かりさんに預かっていただきました。

その時、断脚手術の費用としては10万円くらいという事だったので、早々に募金を集めさせていただき
合計158,000円の募金をしていただきました。

預かりさんの所でケアをしていただいて、すっかり元気になり体力もついてきました。
麻痺もあり、肩はブラブラしてちょっと変な癖がついて、肘は曲がったまま固まっていきました。
いずれ断脚する予定だったので、それはそれであまり気にしていなかったんです。
日にちが経つにつれ、預かりさんちの猫たちと仲良く遊ぶようになり、
不自由ながらもそこそこ普通に生活出来るようになっていました。
腕としての機能は無くなっていたものの、生活に支障がなければ、
断脚しなくてもいいのではないかという意見もあり、私も迷っていました。

自分の目で状態を確かめてそれから決めようと思い、取りあえず連れて帰ってきました。
あんこちゃんの、ブラブラしてる腕は、日常動作に不便だし、
引っかかったり、ぶつかったりするのではないかと心配も絶えません。
これから20年生きるとしたら、無い方がいいのではないかと思いました。

そして断脚手術を視野にレントゲンを詳しく撮ってもらい、
先生と相談しました。

折れた肘は自然にくっついて、曲がったまま拘縮している状態。
腕自体は完全に麻痺している訳ではないようです。
手を着くことが出来ないため、肩や腕の筋肉が退化して、余計に肩がブラブラしてるとの事でした。

腕を残すことを考えていれば、プレートで固定して、骨折の自然治癒を待つ方法もあったと思います。
手を着く事が出来ていれば、肩の筋肉も退化せず、少しは動かせたのかもしれません。
果たしてそれがうまく行ったかどうかは、やってないから解らないですけどね。
何を言っても今さら…なんですけど、もう少し、しっかり考えて検討するべきだったと悔んでいます。

fc2_2014-10-04_20-57-48-571.jpg 

先生からは断脚は最期の手段で、いつでもできるので、
その前に出来る限り、いろいろやってみましょうかと提案がありました…。
リハビリをして関節をのばし、弱った筋肉を鍛えていけば
自力で動かせるようになるかもしれないとの事。
リハビリ? 
私の頭には全くなかった発想でした。
言われてみれば、人間だって辛く苦しいリハビリを経て歩けるようになる人もいますよね。

fc2_2014-10-04_20-58-20-332.jpg

リハビリで少しでも改善するなら、ぜひやってみたい!
少しでも手が着けるようになれば
支えにもなりますし。
ダメ元でもやらないよりはやってみたほうがいい!!

よし、なんでもやってみよう!! 頑張るぞ、あんこちゃん。

というわけで、あんこちゃんはリハビリ入院中です。