幸くんの事を心配してくださった皆様、本当にありがとうございました。

みおちゃんの(小梅)里親さんが、お家の子に迎えてくださる予定でした.

こんな状態でも引き受けてくださると言っていただき、

私も康君もどんなに嬉しかったか、感謝の気持ちでいっぱいです。




しかし、その時すでに症状がかなり進行していました。

神経の問題だと思い込んでいましたが、脳の病気だったんです。









以下に保護主さんの報告を転記致します。


【四肢麻痺のキジ猫・最後のご報告】
2017年6月21日。幸は旅立ちました。
あれから急激に具合が悪くなり、エサも飲み込めないほどでした。
急いで病院に連れて行き、MRIで精密検査してもらうことに。
麻酔のリスクもありましたが、何の手も打たずにただ苦しませるよりはと、原因を調べることに賭けました。
結果は「FIPのドライタイプだろう」とのことでした。
FIPとは、猫にとって致死率99パーセントの、不治の病です。
また、「水頭症」も発症しており、それが四肢麻痺の原因でした。
病状の進行具合と深刻さから、保護してもしなくても、おそらく数日のうちに死んでいたと思われます。
幸は最期までがんばりました。
名前をもらい、欲しい時にお腹いっぱい食べ、たくさん可愛がってもらいました。
短い間でしたが、一生懸命に生きることを教えてくれた気がします。
幸の亡骸は、きちんと供養して火葬にしました。
幸のために手を差し伸べてくださった方、アドバイスをくださった方、記事を読んで幸を心配してくださった方。
本当にありがとうございました。
以上をもって、最後のご報告とさせていただきます。













長期の預かり、里親になってくださる方はいませんか?







四肢麻痺状態で地面を這っていた幸くん



見つけた方が保護して病院へ連れて行ってくれました。


しかし、彼達はこの子を飼える環境にはなく‥


これからどうしたらいいか途方に暮れて手助けを求めていました。



あの時、 そのまま見捨てていたらこの子はドロドロに汚れて死んでいたでしょう。









優しい二人の若者によって助けられた命





この子の命のバトンを私が受取り家に連れて帰りました。



里親さんもしくは長期の預かりさんが見つかるまでの間、出来る限りのお世話をしてあげたいと思います。



しかし、私は猫活や地域猫活動などに忙しく、手厚いケアをしてあげる事は難しいかもしれません。

出来ることならば麻痺の子をお世話したことのある方に託したいと思っています。



どなたか優しい方の目にとまり、幸くんに本当の幸せが来ます様に。


シェア拡散のご協力をお願い致します。












これから1カ月ほどは鍼灸、漢方薬などで治療します。



今後も出来る治療があれば受けさせたいと思っています。











保護の経緯など詳しくは保護主さんのFacebookからご覧になってください。



https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1879774105681754&id=100009475496594





昨日は朝から猫活三昧。
先日より相談のあった古賀の猫


古賀地域猫の会のメンバーで手分けして、
母猫+子猫4匹


全部捕獲しました。


子猫は保護で母猫はTNR。

基本です。


子猫は三毛♀ 白♀白♂ スモーク♂の4匹

















母さん猫も小柄な白猫ちゃん。


たった1匹の猫にご近所から苦情が来てるとの事。


猫問題の最大の難関は苦情処理です。


双方の言い分の中間で折り合いを付けたいところですが、

餌やりさんに対して『保健所に持ってけ!』『遠くに捨ててこい!』と究極の選択を迫る人が居るところは本当にやりづらいです。


たった1匹、地域猫として見守る事は出来ないものでしょうかね~~。

そこに愛はないのか!!







そしてもう一件
先日から皆さんにシェア拡散して頂いた塩浜のおばあちゃんちの猫は、


子猫はほぼ全頭、保護先が見つかりました。

皆さんのシェアのお陰です。本当にありがとうございました。


昨日は成猫2匹の捕獲に行ったんですが、

近くに住んであるボランティアさんも駆けつけてくれて、

急遽子猫を捕獲する事になり6匹捕獲。


おばあちゃんのご近所の方づてで、保護を申し出てくださる方もあり、

本当に感謝感謝です。


早速預かりさんの元へ4匹。


フワフワのかわい子ちゃんたち。










そして成猫メス2匹は本日手術へ。

小さくてかわいい子です。



この子たちも里親探しをしてあげれたらいいのでしょうけどね~











育児放棄されてたチビ3匹ちゃんも

ベテランさんが保護してくださる事になり、近々お渡し予定でひと安心です。











仮死状態だったしろくま子ちゃんも元気になりましたよ~。


プププお色気出してますね~~。





忙しかったけど、なんか諸々うまく行っててよかったです。


おばあちゃんも協力者のSさんも、

慣れないなか子猫に離乳食食べさせてくれたり、

一生懸命頑張ってくれました。


これから捕獲予定は成猫3匹、子猫3匹。


時間をかけずに、サクサクサクサク捕獲して終わらせたいですね~~


私達は次の案件もありますのでモタモタしてられません。


そしてなんと夜にジョーママが餌場に現れた新参流れ猫一匹捕獲

とどめの14匹目


地域猫を進めて全て手術して安心してても、年に1、2匹は必ず流れて来ます。


これを見逃さず、直ぐに手術するのが大事。







生まれる前に手術!


が全ての人の共通認識になる様、

まだまだ啓発も行動もしていかなければいけませんね~~。


猫問題を解決したいなら、


1にも2にも3にも、


何が何でも手術が1番大事。


生まれなければ保護も里親探しもしなくていいですからね。


猫ボラさんにとって1番忙しくて大変な時期ですが、



みんなで協力し合いながら乗り切りましょう!!











東区塩原  80代女性
成猫♀5匹
子猫1~2ヶ月12匹
当初、電話での相談でしたが、要を得ないし捕獲器の説明もあるので来てもらいました。
そしたらなんと、いきなり育児放棄された子猫3匹連れて来て、どうにかならんかと!
無理無理無理。



元気のいい2匹はスポイトでミルクを飲ませ、離乳食を食べさせる練習してもらい、連れて帰ってもらう事に。







昏睡状態の子猫



すでにぐったり、鳴かない、目も開かない



ミルクを入れても口も動かないし全く無反応。



でも息はしてるし、お腹も動いてる。



とりあえず、こな飴を溶かして垂らし







シリンジでミルクをチビチビ与えてみるが、舌を動かす様子もないし、


このまま死んじゃうのかとひやっとする。



スーちゃん用の輸液があったことを思い出し、先生に電話で聞いてから、20ミリほど入れてみる。



あとはカイロでヌクヌクにして、様子見。



おばあちゃんに病院へ行くように話しても、このまま連れて帰るという。



それならうちで一晩様子見ましょう!と預かる事にしました。









本題の相談はこっち



こんなにたくさん。
頭の痛い事です。
預かりさん、里親さん募集!!
今日の相談者 福岡市東区塩原80代女性
成猫♀5 
 2カ月子猫9匹 
 1ヶ月子猫3匹
私達古賀地域猫の会ではすでに古賀市内で数件の相談を受けており、この方のお手伝いは難しい状況です。
成猫のTNRだけはこちらで引受させて頂きましたが、子猫を保護する事は出来ません。
本人さんは
自分の無知のためにこんな事になってと嘆いておられ、TNRにも積極的です。
費用も出来る限り出すと言われてます。本人は子猫も時期が来たら手術するつもりで居られますが、年齢や頭数を考えると、今のうちに里親を探したほうがいいと助言しました。
しかし、ご自身ではどうする事も出来ない状況です。
どなたか預かりと里親探しをしてくださる方はいませんか?
もちろん里親さまも募集しています。
今ならまだ慣れると思いますし、ふわふわの可愛い子達です。よろしくお願い致します。












最近特に多い相談

『高齢者と猫』

この子のおじいさんも入院中です。



一人暮らしの高齢者が入院、施設にはいった。

残された猫の運命は猫好きでもない身内に託されてしまいます。

(頑張って猫を託す場所を探している人もいますが…)

そういう身内は引取るとか里親を探すとかって選択肢は全くなくて、

ボランティアに何とかして欲しいと簡単に言うんです。

さもなくば外に放り出す!センターに持って行く!と。



水戸黄門の印籠の様に私たちの前に突きつけられます。

『ははぁ~参りました』ってなるけど、

そう簡単に猫を引き取るわけにはいかないですよ。


私達は地域猫活動を軸に活動してて、

保護猫の世話や里親探しで、精一杯のいっぱいいっぱいなんです。

これから飼おうと思ってる方は責任持てないなら飼うべきでは無いと思います。

しかし、現状は

可哀想な猫を見捨てられずに飼ってる高齢者も多いです。



猫に癒され救われている方もたくさんいます。



無責任だと切り捨てても、猫も人も不幸になるだけ。

高齢者が安心して猫を飼うためにも、受け皿のシステム作りは大切ですね。

東京の方では、その手の講演会なども行われてる様ですし、

猫ホームもどんどん増えてます。


ペットライフネットさんの飼育サポートシステムやわんにゃお信託なども


魅力的です。


古賀にも信託で猫を預けられるCafeガットさんもあります。


しかし、お金があれば救われ、お金がなければ殺されるというのも

なんだか可哀想です。


ノラ猫も飼い猫も、捨て猫も多頭崩壊猫もみんな同じ命。


どんな境遇の子も等しく救われるシステムができる様に

みなさん知恵と力を出し合いましょう!




猫が救われる未来はきっと平和で、心豊かな暮らしが待っているはずです。