暑いですねー
本当にこれから夏だなんて恐ろしい!
ってくらい暑い毎日ですねー
 
長毛のモカ様はこんなに暑い日はたまらんだろうと思いきや…
 

ここは猫たちが出れる外スペースの中でも1番風も通らず
日も当たらず、ただただ蒸し暑いジメジメゾーン。
なのにモカ様…暑そう…(゚д゚lll)
 
長毛は暑がりってわけでは無いんですかね?
 
そんなモカ様、脇や股のこすれる部分は
毛玉が絡まって団子状態に。
なので定期的にオーナーにバリカンで刈られてます。
 

最初はおとなしくブラシをされてます
 

気持ち良さそうですね~
 

あ、なんか嫌がり出しました。
「メェンメン!」と怒ってます。
 

そんなジタバタしてても…
 

最後は両手掴まれてこの表情。笑
この後バリカンでバリバリーっと刈られておりました。
 
タイミングが合えばモカ様ブラッシングショーが見れるかもですね( ^ω^ )
 
今日も暑いので、みなさまお気を付けてお越しくださいませ~!
 
 
 
staff朝日
市役所経由で相談。
乳飲み子3匹引き取ってきました。
保育園の室外機の中で母猫は巻き込まれて亡くなってたそうです。可哀想に痛かったでしょうね(涙)


哺乳瓶からミルクを飲んでくれず、四苦八苦。
2~3時間おきにシリンジで2mlずつ飲ませてます。
1匹は足を怪我してて、パンパンに腫れてます。痛々しい。
頑張ってミルク飲んで欲しい。
7月も後半、乳飲み子の保護も落ち着いてくる頃ではありますが、ここにまた次の乳飲み子が来たら大変。
古賀地域猫の会ではミルクボランティアさん募集してます。
みんなで手分けしてお世話できる体制を整えて、1匹でも助けて行きたい。
よろしくお願い致します。
お天気が良くなりました。



梅雨は明けたのでしょうかね~~



ケロちゃんのヨダレが酷くなってきたので、



思い切ってシャンプーしました。

















シャンプー前
ドロドロですねー可愛そうですね~~






シャンプー後
日光浴
スッキリしたかな。







そろそろ療養部屋へ移動かな?と思う時もありますが、



まだまだみんなの側がいいかな?と思ったり。











いつも迷うのが、ヨダレで、手足やしっぽがガビガビになってきた時、


体調が悪くなってる場合に


洗ってあげた方がいいのか?


洗わない方がいいのか?


どちらが良いのでしょうか?



皆さんはどうしてますか?




















2017.07.15 好みいろいろ
子守とまでは行かないけど、いつも子猫に懐かれる茶々くん

 
何がいいのか人間には分からないけれど
またに1人で寝てる姿はとてもおじいちゃん。
 

口が少し開いてるのもあるけど、前歯上下が数本しかないせいか、お疲れの様子。
 

育児疲れな茶々くん。
起きてから目ヤニ取ろうね( ̄∇ ̄)
 
こちら元気いっぱいのヤヨイちゃん

付いて回って違うお部屋に閉じ込められてました。

あんなに鳴いてたのにー
ごめんごめん、掃除機かけてたから~( ̄▽ ̄;)
 

じゃあお詫びに抱っこしてよね!
はいはい~
この後片手にヤヨイで掃除をさせられました~
抱っこしたい方は是非ヤヨイちゃんどうぞ~
 

抱っこのなにがいいのかしら。
こちらは抱っこ苦手なサクラちゃん
 

抱っこよりも撫でてもらう方が断然いいわ~

さあさあ、撫でて!
 

ぐりぐりぐりぐり~
 

ねー!聞いてんのー!
はいはい~!すんませんすんません!
写真撮るのに夢中で怒られたのでした~
 
ちなみにサクラちゃんは撫でてもらって
自分からひざに乗って来るのはOKのようです♪
抱き上げられるのは少し怖そうかな??
 
猫にも色々好みがあるんですなー
 
 
 
staff朝日
うちの2階にはエイズやFIPなどの病気の子達が暮らす
療養部屋があります。


先日エイズと腎不全でスーちゃんが亡くなり、今はもう誰も居ません。

今年になってベッキーとスーちゃんの2匹だけになってました




最後の頃のベッキー






ベッキーも、うちに来た時から、重度の口内炎と皮膚病で本当にかわいそうでした。
年中風邪をひいたり、下痢をしたり。
のちのち再検査でエイズである事がわかり、療養部屋に移動しました。
長年の体調不良もエイズがあったからか?と納得したり。

皮膚病も良かったり悪かったりを繰り返し、
アレルギー食をあれこれ試しましたがなかなか好転する事もなく。
口内炎も日々悪化。
みんなこうやって、一進一退を繰り返しながら、少しづつ、少しづつ悪くなって痩せていきますね。
口内炎の薬も、サプリも色々色々試してみるものの、本当に騙し騙しって感じになります。

1匹になってしまったスーちゃんも、隔離部屋では寂しがるのでフリーにして。
カフェのテーブルの上から中の猫達を見ながらお客様にご挨拶してました。
それでも一人ぼっちは寂しかったよね。
中に入りたかったよね。





抜歯をして2年くらいはまあまあ食べれてましたが、後半は口内炎が口の中全体に広がり、
皮膚を突き破って、穴が開いたりして食べる事もままならず、苦しみました。

このところ腎不全が悪化してきて、輸液でも追いつかない状態でした。

スーちゃんにと柔らかいフードなど届けてくださったり、

優しく撫でてくださったり、

皆さん本当にありがとうございました。