今日はお店は娘に頼んで、博多までロイカナのプロフェッショナルセミナーに行きました。



うちでは元々
ロイカナのフードをメインにしていますけど、
今回栄養と衛生とちょっと興味あったので、頑張って行ってきましたよ。






理解してる事も有りましたが、再認識のよい機会になりましたし、

目からウロコの事もありで勉強になりました。




セミナーの内容は説明しにくいので、やめときますが
信頼できる有用なサイトの紹介がありましたので
皆さんもご参考までにぜひ。

猫感染症研究会


WSAVA(世界小動物獣医師会)
ワクチネーションガイドライン


共立製薬 飼い主さん向け



コクシジュウム再発の子猫達
バイコックスを飲ませて、様子見中ですが、
下痢がひどくなった。

とりあえず明日また検便かな。

猫トイレだけじゃなくて、ケージの中も床もそこらじゅう下痢がポタポタ。

これじゃあダメだ~。

コクシジュウムは消毒か効かないので、厄介なんです。
熱湯消毒は効果あるんですが、これがなかなか大変なんですよね~~。



久しぶりにスチーマー引っ張り出してきて。今日は一日中掃除三昧でした。











スチーマーでゆかとかケージとかキャットタワーなど洗えないものをシューして、スッキリスッキリです。















ふー。なかなか大変

コクシジュウム、早くやっつけたい!!


毎年恒例のカレンダー販売始まりました。
50冊仕入れています。
今年はこの売上げでキャットタワーを新調したいと思っていますので、皆様お買い上げ下さいませ。
よろしくお願い致します。
ご予約もお待ちしております。
保護猫café
MOCA092-942-7232

ねこともチャリティカレンダー1000円ですよ。
買ってくだしゃい。byさくら🌸








マフィンちゃん、弥生ちゃんも応援してます。
ちょい遠くからさくらちゃんも。




いつも皆様に大変お世話になっております。
子猫の世話に時間を取られてまして、メール、LINE等のお返事かすぐには出来なくて大変申し訳ございません。

かならず返信していますが、飛んでしまうこともあります。
あまり長く返事が来ない場合は、再度ご連絡ください。


保護して5日
汚れてガリガリだった子猫
なかなかミルクが飲めず、このままでは死なせてしまう。
前回、やす子の時にカテーテルを病院からもらって来てましたが、

やす子は哺乳瓶で飲んでくれて、使わなくて済んだので、お守りのように持ってました。

今度は本当にカテーテル授乳をしないとダメな状況。

シリンジでも、なかなか飲み込んでくれない。もう、また泣きそう。


使い方は病院で実演してもらってましたが、
誤嚥させたらどうしようとなかなか踏ん切りがつかない。

でも、躊躇している場合じやないし。

経験者のYさんにコツなどをご教授願い、ヒヤヒヤしながらやってみた。

前足バタバタして、カテーテルを引き抜いてしまうので、ぐるぐる巻きです(笑)




3時間おきに5ミリ飲ませて、次に見る時に生きてるのかとまた、ヒヤヒヤ。
何とかコツも掴めて、今は一回に10ミリ。

少しづつ大きくなってて一安心です。


それでもまだまだ骸骨の様ですが(笑)
元気もでて来たのでシャプー



ミイラ?
怖すぎますね。


乾かしたらフワフワになりました。
このまま大きくなってよ~~。










こちらは真菌のリョウ君。
怖がりでシャーシャーですが、捕まるとおとなしいこです。
夏場のシャンプーは楽です。乾きも早いし、風邪を引かせる心配もないのでね。





こちらもフワフワになりました。
早く慣れて新しいおうちに行こうね~。







一昨日、親子3匹保護して来たんですが、
もう1匹いるんじゃないかとの情報もあり、
最初は4匹生まれてたという情報もあり、


近所の方に子猫の鳴き声に気をつけておいて!
とお願いしてたら、夜にLINE。

子猫が鳴いてると。
すぐに駆けつけ保護。



最初の子猫達とは反対側の物置の下に居ました。
丸一日、ミルクを飲んでませんが、元気に鳴いて。

目薬さしてすぐに母猫に戻すと、
ミルクを飲ませてくれて一安心。

そして、うつらうつらとしてた明け方、またLINE。

死にそうな子がもう1匹居ましたと。


この子は元も場所とは全然違うとこにいました。

隣の家のテラスのロッカーの中。

何度となく移動してる間に忘れたのか?母猫が見捨てたのか。

汚れてガリッガリ。

母猫とはぐれて随分経ってるようです。






この子は110g
凄い汚れてますが、洗うの少し元気になってから。



先に保護した子猫の大きい子は340g
兄弟達はこんなに大きい。



冷え切ってたのて、フリースにカイロを入れて、

ドライヤーで外から温めながら、糖水をシリンジで飲ませ、輸液を少しだけ。
身体が温まったので、母猫に預けて見ました。

私が世話するより母猫に世話してもらえたら助かるし。
しかし、

全くお世話する気はないです。子猫が近づくと逃げてしまう。

母猫は諦めて、ミルクに切り替えました。

哺乳瓶は吸えないのでシリンジで1時間おきに
2ミリづつ。

目ヤニを拭いて目ぢからも出てきました。
今夜は二時間おきミルクで頑張ろう!