市役所経由で相談。
乳飲み子3匹引き取ってきました。
保育園の室外機の中で母猫は巻き込まれて亡くなってたそうです。可哀想に痛かったでしょうね(涙)


哺乳瓶からミルクを飲んでくれず、四苦八苦。
2~3時間おきにシリンジで2mlずつ飲ませてます。
1匹は足を怪我してて、パンパンに腫れてます。痛々しい。
頑張ってミルク飲んで欲しい。
7月も後半、乳飲み子の保護も落ち着いてくる頃ではありますが、ここにまた次の乳飲み子が来たら大変。
古賀地域猫の会ではミルクボランティアさん募集してます。
みんなで手分けしてお世話できる体制を整えて、1匹でも助けて行きたい。
よろしくお願い致します。
お天気が良くなりました。



梅雨は明けたのでしょうかね~~



ケロちゃんのヨダレが酷くなってきたので、



思い切ってシャンプーしました。

















シャンプー前
ドロドロですねー可愛そうですね~~






シャンプー後
日光浴
スッキリしたかな。







そろそろ療養部屋へ移動かな?と思う時もありますが、



まだまだみんなの側がいいかな?と思ったり。











いつも迷うのが、ヨダレで、手足やしっぽがガビガビになってきた時、


体調が悪くなってる場合に


洗ってあげた方がいいのか?


洗わない方がいいのか?


どちらが良いのでしょうか?



皆さんはどうしてますか?




















三連休、みなさまいかがお過ごしでしょうか♪
 
モカの猫たちは相変わらずな調子でダラダラしてます( ´∀`)
 

 
そしてまた多くのご支援頂きまして
本当にありがとうございます(>_<)
 

猫型のひんやりマット可愛いです!
さっそく試してみます~♪
 

いつもオヤツとフードをありがとうございます(*^^*)
 

子猫フードとても助かります!ありがとうございます!
 

少し前に頂いて、載せ忘れておりました!すみません!スーちゃんの為にありがとうございました(^^)
 

ちゅ~るもたくさんありがとうございます!
 

オヤツとフードありがとうございます♪ 
 
おかげさまで子猫たちはスクスクむくむくと大きくなっています(*^^*)
きのの助くんは毛が薄くガリガリにみえるのですが
以外とよく食べてよく遊ぶ元気っ子ですよ~♪
 
ぜひ子猫たちと遊びにいらしてください~
 
モカでは猫のお部屋にはスリッパで入っていただくのですが
そのスリッパがなかなかすぐに裏がボロになったり汚れたりと意外な消耗品で(>_<)
 
それも猫柄となるとなかなか高額で、ボロになってもなかなか捨てれず(^_^;)
かと言って安いスリッパには中々猫柄が無い。
 
無いのなら作ればいいじゃない。
と言う事で…
 

新品の無地スリッパにせっせこと猫布を切り貼りしました。
涙ぐましい(´;ω;`)笑
 

でも意外と可愛いですよ。
トリッキーな猫スリッパ追加しましたので
みなさん好きなの選んで履いてください~♪
 

 
え?そんなのどうでもいい??
 

だってみんな僕たちに会いに来てくれてるんだから。スリッパなんて…
 
Oh…ふじの助さん…クールだね君は。
 
 
以上、猫カフェスタッフだけが気になっていたの巻でした~。 
 
 
staff朝日
2017.07.15 好みいろいろ
子守とまでは行かないけど、いつも子猫に懐かれる茶々くん

 
何がいいのか人間には分からないけれど
またに1人で寝てる姿はとてもおじいちゃん。
 

口が少し開いてるのもあるけど、前歯上下が数本しかないせいか、お疲れの様子。
 

育児疲れな茶々くん。
起きてから目ヤニ取ろうね( ̄∇ ̄)
 
こちら元気いっぱいのヤヨイちゃん

付いて回って違うお部屋に閉じ込められてました。

あんなに鳴いてたのにー
ごめんごめん、掃除機かけてたから~( ̄▽ ̄;)
 

じゃあお詫びに抱っこしてよね!
はいはい~
この後片手にヤヨイで掃除をさせられました~
抱っこしたい方は是非ヤヨイちゃんどうぞ~
 

抱っこのなにがいいのかしら。
こちらは抱っこ苦手なサクラちゃん
 

抱っこよりも撫でてもらう方が断然いいわ~

さあさあ、撫でて!
 

ぐりぐりぐりぐり~
 

ねー!聞いてんのー!
はいはい~!すんませんすんません!
写真撮るのに夢中で怒られたのでした~
 
ちなみにサクラちゃんは撫でてもらって
自分からひざに乗って来るのはOKのようです♪
抱き上げられるのは少し怖そうかな??
 
猫にも色々好みがあるんですなー
 
 
 
staff朝日
うちの2階にはエイズやFIPなどの病気の子達が暮らす
療養部屋があります。


先日エイズと腎不全でスーちゃんが亡くなり、今はもう誰も居ません。

今年になってベッキーとスーちゃんの2匹だけになってました




最後の頃のベッキー






ベッキーも、うちに来た時から、重度の口内炎と皮膚病で本当にかわいそうでした。
年中風邪をひいたり、下痢をしたり。
のちのち再検査でエイズである事がわかり、療養部屋に移動しました。
長年の体調不良もエイズがあったからか?と納得したり。

皮膚病も良かったり悪かったりを繰り返し、
アレルギー食をあれこれ試しましたがなかなか好転する事もなく。
口内炎も日々悪化。
みんなこうやって、一進一退を繰り返しながら、少しづつ、少しづつ悪くなって痩せていきますね。
口内炎の薬も、サプリも色々色々試してみるものの、本当に騙し騙しって感じになります。

1匹になってしまったスーちゃんも、隔離部屋では寂しがるのでフリーにして。
カフェのテーブルの上から中の猫達を見ながらお客様にご挨拶してました。
それでも一人ぼっちは寂しかったよね。
中に入りたかったよね。





抜歯をして2年くらいはまあまあ食べれてましたが、後半は口内炎が口の中全体に広がり、
皮膚を突き破って、穴が開いたりして食べる事もままならず、苦しみました。

このところ腎不全が悪化してきて、輸液でも追いつかない状態でした。

スーちゃんにと柔らかいフードなど届けてくださったり、

優しく撫でてくださったり、

皆さん本当にありがとうございました。