子猫が全部で14匹になりました~。
しばらくドタバタしそうです。
これから次々来たらどうしよ~~と冷や冷やしてます。
里親さん探し頑張らねば~。

いつもお願いばかりで申し訳ありませんが、

子猫フードのご支援お願い致します。



2ヶ月5匹

ノリみん しおみん さくのすけ きののすけ ふじのすけ




1.5ヶ月 4匹





2.5ヶ月4匹

ブル君 しろう君



メぇたん コモたん






1ヶ月1匹
タイセイ君

よろちくおねがいちます。












☆問い合わせが数件ありましたので
一旦募集を終了させて頂きます☆



※7ヶ月ではなく7週目でした。
MOCAで初では無いでしょうか?
子犬の里親さんを募集してます!
 
プリティープリ子ちゃん

 
近所のおじさんが、山に捨てられそうな子犬を保護したのですが
高齢の為、飼うことが出来きないそうです。
 
生後7週のメスです。
とてもふわふわもちもちプリプリのかわいこちゃんで
とても人懐っこく、お利口さん!
きっとこの子は賢いはず!笑
 

 
この子にビビッときた方はぜひモカにご連絡下さい~!
またお知り合いなどで飼ってもいいわ~なんて方がいましたら
是非ご紹介ください♪
よろしくお願い致します!
 

 ↑お股が可愛い(*≧∀≦*)
 
  
 
staff朝日
とうとう本降りの雨になって来ましたね。



しかし、雨が降っても大丈夫です。



コンサバトリー完成しました。







イヤー長かったです。構想から6ヶ月



毎日コツコツやりました。



細かい事は抜きにしても、思った通りに出来たと思います。







多少の雨漏りなどば気にせず(o^^o)



 日向ぼっこをゆっくり出来ますよ。







さあさあ、皆さんどうでしょうか?









そして、ここのドアから猫アスレチックへGO! 


いずれは猫ドアを付ける予定です










まだキャットタワーもキャットウオークも出来てませんが、


外はこんな感じです



ヤマボウシが満開(^^♪






猫様たちにお披露目



どうでしょうか?



脱走防止の細かいチェックも、


猫の様子を見ながら強化。







みんなのストレス解消になるといいな。



これからここで楽しく遊んで欲しいと思います。







さあさあ、来週から仕上げの作業に掛かります。


幸くんの事を心配してくださった皆様、本当にありがとうございました。

みおちゃんの(小梅)里親さんが、お家の子に迎えてくださる予定でした.

こんな状態でも引き受けてくださると言っていただき、

私も康君もどんなに嬉しかったか、感謝の気持ちでいっぱいです。




しかし、その時すでに症状がかなり進行していました。

神経の問題だと思い込んでいましたが、脳の病気だったんです。









以下に保護主さんの報告を転記致します。


【四肢麻痺のキジ猫・最後のご報告】
2017年6月21日。幸は旅立ちました。
あれから急激に具合が悪くなり、エサも飲み込めないほどでした。
急いで病院に連れて行き、MRIで精密検査してもらうことに。
麻酔のリスクもありましたが、何の手も打たずにただ苦しませるよりはと、原因を調べることに賭けました。
結果は「FIPのドライタイプだろう」とのことでした。
FIPとは、猫にとって致死率99パーセントの、不治の病です。
また、「水頭症」も発症しており、それが四肢麻痺の原因でした。
病状の進行具合と深刻さから、保護してもしなくても、おそらく数日のうちに死んでいたと思われます。
幸は最期までがんばりました。
名前をもらい、欲しい時にお腹いっぱい食べ、たくさん可愛がってもらいました。
短い間でしたが、一生懸命に生きることを教えてくれた気がします。
幸の亡骸は、きちんと供養して火葬にしました。
幸のために手を差し伸べてくださった方、アドバイスをくださった方、記事を読んで幸を心配してくださった方。
本当にありがとうございました。
以上をもって、最後のご報告とさせていただきます。













長期の預かり、里親になってくださる方はいませんか?







四肢麻痺状態で地面を這っていた幸くん



見つけた方が保護して病院へ連れて行ってくれました。


しかし、彼達はこの子を飼える環境にはなく‥


これからどうしたらいいか途方に暮れて手助けを求めていました。



あの時、 そのまま見捨てていたらこの子はドロドロに汚れて死んでいたでしょう。









優しい二人の若者によって助けられた命





この子の命のバトンを私が受取り家に連れて帰りました。



里親さんもしくは長期の預かりさんが見つかるまでの間、出来る限りのお世話をしてあげたいと思います。



しかし、私は猫活や地域猫活動などに忙しく、手厚いケアをしてあげる事は難しいかもしれません。

出来ることならば麻痺の子をお世話したことのある方に託したいと思っています。



どなたか優しい方の目にとまり、幸くんに本当の幸せが来ます様に。


シェア拡散のご協力をお願い致します。












これから1カ月ほどは鍼灸、漢方薬などで治療します。



今後も出来る治療があれば受けさせたいと思っています。











保護の経緯など詳しくは保護主さんのFacebookからご覧になってください。



https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1879774105681754&id=100009475496594